読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫)

トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫)

トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫)

作家
ポール・オースター
Paul Auster
柴田元幸
出版社
新潮社
発売日
2007-12-21
ISBN
9784102451106
amazonで購入する

トゥルー・ストーリーズ (新潮文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

オースターの自伝的エッセイ集。ここには、まだ作家になる以前の、すなわち無名時代のオースターがいる。彼のコロンビア大学在学時は、反戦の機運が最高潮に盛り上がった時であり、まさにジェームズ・クネンの『イチゴ白書』(映画にもなり、ヒットした)に描かれた時代だった。当時のアメリカは依然として徴兵制を施いいており、オースター自身も抽選の結果しだいではどうなっていたかわからない。もっとも、彼は逮捕されても参戦するつもりはなかったようだが。彼が貧困のうちに過ごしたパリ時代もまた興味深いし、船員時代の思い出も捨てがたい。

2015/01/14

harass

作家の体験や知人たちから聞いた信じられないような偶然の実話についてのエッセイ、だと思っていたが、レビュによると、著者の全く売れなかった修行時代についてのことも書かれていると聞いて手に取る。パリ、ダブリンなどの食うや食わずの生活や、その時代に出会う有名無名人たちの話、『異端の鳥』コジンスキーがでてきて驚く。しかしまあ、この作家の場合、書くという表現することについて、ここまで徹底していることに作家魂を見た。外国人作家のエッセイは実に久しぶりだった。良書。

2018/11/26

キムチ27

オースターの人となりは無論、作品が生まれ出てきた経過が実によく解る素晴らしいエッセー集。、読み易い作品ぞろいのせいもあり、まるで物語の様な感じ。感心するのは若い時から「人や事象を観察する目」の鋭い事・・しかも記憶力が凄過ぎ・・細部までよくまぁ、覚えている。何回も「トゥルーストーリーだ」と繰り返すだけあって、「作家の書くことだから飯の種・・嘘だろう」と周囲に言われるのかなと思った。ラスト(2000年過ぎの項)が味が有り、ブッシュ政権にも触れている。アメリカを心から愛し、人を愛し、社会への慧眼が光る

2019/05/06

Tui

偶然と必然の不思議なあわいが詰まっており、何度も読み返したくなる。オースターは、本エッセイの訳者である柴田元幸のインタビューにこう答えている。『きっと僕は「現実の成り立ち方」ともいうべきものに心底魅了されているんだと思う』。本著の魅力が言い尽くされている一文だ。シンクロニシティ、セレンディピティ、コンステレーション…人はその現象に様々な名前をつけている。読み始めたのと時を同じく、私の身の回りでも興味深い出逢いや巡り合わせが3回ほど起きている。そう、人生は謎に満ちていて、まんざらでもないものなのだ。きっと。

2015/11/18

cockroach's garten

嘘のようで本当の話が詰まったエッセイ集。オースターの翻訳のみならず、幅広いアメリカ文学を本国に紹介する柴田氏が解説でオースターが『真実のめぐる実験』という題名を候補に挙げたと書いてある。柴田氏とオースターの長年の親密さを物語る話でもあるが、この一見では解らない比喩を題名に使おうとするのはオースターらしい。誰にとっても自己を振り返ることは容易ではない。必ず嘘の馬脚が見え隠れする。オースターも唯書き連ねるだけでは真実味がくすんでしまうと考えて、淡々とした文章ながら構成をしっかり纏め上げて驚きを忘れさせない。

2017/08/03

感想・レビューをもっと見る