読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

努力とは馬鹿に恵えた夢である

努力とは馬鹿に恵えた夢である

努力とは馬鹿に恵えた夢である

作家
立川談志
出版社
新潮社
発売日
2014-11-26
ISBN
9784103069430
amazonで購入する Kindle版を購入する

努力とは馬鹿に恵えた夢である / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ケイ

タイトルはおもしろい。しかし、内容はおもしろくない。何がいいたいのかよくわからないところもある。よく見たら、出版されたのは亡くなった後じゃないか。あちこちに書き散らかした文章を出版社が何か出したくて編集したんじゃないかしら…と、邪推してしまうような内容だ。対談などとても面白いし、彼の考え方がよくわかる文章もあるのに、まとめ方に哲学がないから、談志さんの書いたものもつまらなく思えるのが結構ある。

2015/06/05

Nazolove

久々の家元本。 自分のこと家元ってよんでんだーなんて今更ながら感じた。 愛情でもって芸のことを語っていると思ったら突拍子もないことを言っててまさしく自由に語っている本であった。 破天荒を地で行ってると思ったら死とか病気とかについては対抗したり弱音を吐いたり、家元もやっぱり人の子だなーなんて思ってしまった。 先日志の輔師匠の落語を聞いたけど、一番家元の精神を受け継いでるのってやっぱり志の輔師匠なのかななんて思ってしまった。(ひとり会とか落語についての考え方が)

2019/10/30

kiho

これまでに残した談志師匠のさまざまな言葉が並べられた一冊⭐亡くなられてからまとめたものなのでテーマ性が大まかなのは否めないが、独特の口調や斬新な発想、病を経験しての心情がにわかに伝わってくる…落語への思いも…。

2015/08/01

ophiuchi

題名が秀逸。あまり好きではなかったけど、これを読んで高座を聞いてみたかったと思った。

2020/02/29

toshi

談志がいろんなところに書いたものを集めた本。 談志だから許される毒舌も満載。 初出の状態でないため意味が不明なところもある。

2015/01/28

感想・レビューをもっと見る