読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

むすびつき しゃばけシリーズ 17

むすびつき しゃばけシリーズ 17

むすびつき しゃばけシリーズ 17

作家
畠中恵
出版社
新潮社
発売日
2018-07-20
ISBN
9784104507252
amazonで購入する

むすびつき しゃばけシリーズ 17 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

シリーズ最新刊。若だんなも少しずつ成長してるんだけれど・・もう一つぐっと?ガツンとくるのがそろそろ欲しいところですね。若だんなが生まれ変わり?なんていうタイトル作を含む連作5話。17巻目にもなるんだなぁ・・いえ、私は仁吉推しですが。(死ぬのは怖い。皆と離れてしまうのはもっと辛い)と思う若だんなの気持ちは分かるよ。だから『今』を懸命に生きるってことですよね。

2018/08/27

時間の流れが違っても繋がりがあって、その繋がりを大事に想って、いい話でした。人も妖も鬼も、みんな大切にしてる。

2018/12/10

初美マリン

あやかしを中心とした今回のシリーズ、もしかしたらこれで終わり、かな❓とふと思いました。

2019/01/07

あっか

シリーズ第17弾。表題の通り、前世や現世の若だんなとの『むすびつき』が共通のテーマ。若だんなが死んで(?)早速生まれ変わりが出てきたり、若だんなの前世だという人が出てきたり…最後の『こわいものなし』は今までにないくらいのドタバタ具合だけど(仁吉が低い声で夕助にお礼を言うところ、カッコいいー!!)、最後は若だんなと妖たちの今後を考えてちょっとしんみり。いつまでもこの時間が続くといいな。鈴彦姫のほんのり恋心?な『むすびつき』が1番ほっこりしました。

2018/11/11

ダミアン4号

シリーズも17作ともなると「さて今回のお話は…」そんな書き出しで始まりそうな雰囲気(笑)今回は若旦那と妖(あやか)し達との間にある前世から続く縁(えにし)がテーマ…貧乏神の金次が若旦那の前世と思しき人と係わりがあった様だと語った事で自分達だってきっと若旦那と…九十九神の皆さんやら化け猫さんやら…どんだけ若旦那に懐いてんだか(笑)輪廻転生…確かに初めて会った人なのに妙に気が会う人とか逆に絶対、受け付けない相手とかありますよね(笑)こうしてレビューを書いたり読んだりしてる読メの皆さんの中にももしかしたらいる?

2018/11/13

感想・レビューをもっと見る