読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

わがタイプライターの物語

わがタイプライターの物語

わがタイプライターの物語

作家
ポール・オースター
柴田元幸
出版社
新潮社
発売日
2005-01-28
ISBN
9784105217105
amazonで購入する

わがタイプライターの物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どんぐり

タイプライターが時代の遺物となって久しい。この本は、タイプライターでたくさんの書物を著してきたオースターとオリンピア・タイプライターとのむつまじい関係を描いている。サム・メッサーの絵は、タイプライターに顔があるかのように、様々な表情を見せる。痛めつけられて、すたれて、見捨てられてゆくタイプライターへの愛着が伝わってくる。

2014/06/01

キジネコ

サム・メッサーの40枚の絵とポール・オースターの小文。作家の愛する道具オリンピア社製タイプライターはモノではなく 「わが」という尊称を冠する友人としての地位を築き デジタル化の大きな波をも ものともせず 約束された未来永劫の為のインクリボンも 周到に確保されています。多分 作家の最後の作品まで この道具から生み出されることになるのだろうと 想像できることが とても微笑ましい。作家の友人が描く 油彩と幾つかのイラストで構成された本書の味わいが オイラを幸福な気分にしてくれます。

2013/08/16

長谷川透

タイプライターと共に9400日を過ごしてきた。時の流れが変化を強いろうとも、私は我がタイプライターと共に生きて行く。わたしはフィクションを書く。書く中で私は意図せずとも、変わって行くのだろう。私の中の変化は、我がタイプライターに伝播するのかもしれない。キーを叩き、紙にタイプされる言葉と共に。我々は同じ過去を共有し、同じ未来を共有もしている……。好むと好まざるにかかわらず。私は書く。私の目の前にあるこいつはカタカタと音を立てる。いつもの聞き慣れた音楽を奏でる。こいつの声が涸れるまで、私はこいつと生きていく。

2013/03/01

ウィズ

この絵本を読んでまずサム・メッサー氏の絵が好きになった。そしてこの絵本を読んでもともと好きだったポール・オースター氏のことが、ますます好きになってしまった。

2015/04/28

トラキチ

絵 サム・メッサー/訳 柴田元幸。 小説というよりもどちらかと言えば画集と言った方が適切だと言える作品。 1974年以来、長年使っているオースターのタイプライターを見染めたサム・メッサーの絵が素晴らしい。ずっとタイプライターを使っているオースターの人となりと愛着が窺い知れますし、彼の性格をわかった上でメッサーがタイプライターを見染めたのは間違いないでしょう。作者とともにいろんなところ(東京、パリなど)を旅したオリンピア製のタイプライターの何枚もの絵が素晴らしいのですが(続く)

2012/09/14

感想・レビューをもっと見る