読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

冷たい檻 (単行本)

冷たい檻 (単行本)

冷たい檻 (単行本)

作家
伊岡瞬
出版社
中央公論新社
発売日
2018-08-17
ISBN
9784120051081
amazonで購入する

冷たい檻 (単行本) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

もしかしたら、この国のどこかでひっそりとこんな施設が出来ているのかもしれません。上手く運用できれば、それは素晴らしいのかもしれません。でも、絵に描いた餅かもしれません。そんなことが上手く回るような国にはどうしても思えないからです。期待の伊岡さんの新作です。今、この国の抱えている問題が浮き彫りにされてました。どうぞ、読んでみてください。ずっしりとした重さの中に真実がありました。ラストは胸が熱くなります。お薦めです。

2018/09/14

Yoko Omoto

何の変哲もない田舎村に厚労省の肝入りで建設された複合型福祉施設。要支援の児童から老人までを収容し、今後の医療へのモデルケースを目指すという一見崇高な理念を掲げ持つ。その村で交番警官の失踪、施設の老人の転落死が相次いで起こり、ある筋から調査官の樋口が投入される。利権絡みの黒い駆け引きが跋扈する構図から、これは現実かと眉間に深く皺が寄るような薄ら寒い真相まで、飽きさせない展開に頁を捲る手が止まらなかった。登場人物のキャラ立ちも良く、主人公の樋口の人物像は特に魅力的。想定内のラストも見せ方が素晴らしかった。

2018/11/24

nobby

何だろう…個人的な嗜好からあくまで傍観者に留まった感じ…介護施設・児童養護施設・更生施設を一手に展開する複合型ケアセンターでの闇となれば、職業柄まさに前のめり状態(笑)膨大に散りばめられた事柄は興味深く、気付けば500頁弱を一気読み。ただ、全部が見事に結び付いても「ふーん…」程度。後半にかけて徐々に明らかになる疑念の正体に強く憤り感じるものの、政治や国家などに行き着いてしまうと、現実に重なる滑稽さに思わず嘲笑するばかり…それに至る悪人たる心情や狂喜への過程など求めてしまう自分は、わがまま放題な欲張りかな…

2020/05/17

うどん

厚い本でしたが物語に没頭してあっという間に読み終わっていました。面白かったです。

2018/10/08

モルク

何もない静かな北陸の田舎町、しかしそこでは確実に「何か」が起こっていた。行方不明の警官、中国の製薬会社が営むアルツハイマー型認知症に限った老人施設、元傷害犯などの青年更正施設、そして児童養護施設の3つが合わさった複合型施設があり、政財界の黒い闇も連鎖しあう。そしてついに最悪の状況に陥る。調査官樋口の過去の息子連れ去られ事件とも繋がり、息がつけない。ほぼ2日間に集約され時間を区切っての場面展開でページ数を感じさせない。登場人物も多く「主な登場人物」が役立った。それでも把握しきれず何度も見直したけど。

2018/12/29

感想・レビューをもっと見る