KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

水脈

水脈

水脈

作家
伊岡瞬
出版社
徳間書店
発売日
2024-02-02
ISBN
9784198657659
amazonで購入する Kindle版を購入する

水脈 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ゆみねこ

神田川の排水口から遺体が発見された。台風の雨で増水した影響で地下水路の暗渠を通って流された遺体。他殺体と確認され捜査にあたることになった真壁・宮下のコンビ。そこに修士論文作成のため捜査を見学させて欲しいとひとりの大学院生が加わる。迷路のような地下水路、更に2体の遺体も発見。殺害された被害者たちの正体と、隠された犯罪の闇。面白くないわけではないけど、なんかスッキリ出来なかった。

2024/02/20

さわ

暗渠から流されてきたと思われる遺体。珍しく犯人が誰か?より、どう遺棄されたのか?のが気になって一気読み。警察内部が絡むと面白い

2024/02/03

みかん

なんだか久しぶりに伊岡瞬らしい作品を読んだ気がする。とっても面白かった。

2024/02/04

ドットジェピー

面白かったです

2024/02/07

わいわい

神田川に地下水路の暗渠を通ってきたとおぼしき遺体が。かつて大きな事件を捜査した名コンビが再タッグ。ある女性のお守りとして現場へ。事件の背景は!? 濁流は止まらない。人々の不満のように。でもきっと、善意や信頼も大きな流れになれるはず。

2024/02/19

感想・レビューをもっと見る