読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

伊岡瞬

伊岡瞬 写真:干川 修
職業・肩書き
作家
ふりがな
いおか・しゅん

プロフィール

最終更新 : 2021-07-20

1960年、東京都生まれ。広告会社勤務を経て、2005年『いつか、虹の向こうへ』で第25回横溝正史ミステリ大賞とテレビ東京賞をW受賞しデビュー。16年『代償』で啓文堂書店文庫大賞を獲得し、同書は52万部を超えるベストセラーとなる。他の著書に『瑠璃の雫』『教室に雨は降らない』『痣』『悪寒』『本性』『冷たい檻』『不審者』『赤い砂』など。

受賞歴

最終更新 : 2021-07-20

2005年
『いつか、虹の向こうへ』(応募作「約束」を改題)第25回横溝正史ミステリ大賞
2005年
『いつか、虹の向こうへ』(応募作「約束」を改題)テレビ東京賞
2016年
『代償』啓文堂書店文庫大賞

「伊岡瞬」のおすすめ記事・レビュー

誰にも見せない、“仮面”の内側……人間心理に斬り込むクライムサスペンス《伊岡瞬インタビュー》

誰にも見せない、“仮面”の内側……人間心理に斬り込むクライムサスペンス《伊岡瞬インタビュー》

 人は誰しも、仮面をつけて生きている。他人には見せない素顔、心の奥の触れられたくない領域。伊岡瞬さんの新作は、そんな仮面の内側に迫るクライムサスペンスだ。

(取材・文=野本由起 撮影=干川 修)

「凶悪事件の裁判が結審すると、情報番組のコメンテーターが『心の闇は明かされないまま終わりました』などと言いますね。でも、心の闇なんて誰が覗けるでしょうか。たとえ家族といえども、心の内側までは絶対に覗けない。それを仮面というのであれば、人はみな仮面を被っていることになります。前作『本性』からつながるテーマではありますが、別の角度から人間の仮面について描いてみようと思いました」  登場人物の中でも、もっとも謎に満ちた存在が三条公彦だ。彼は、読字障害というハンディキャップを抱えながらも、アメリカの名門大学に留学した経歴を持つ作家・評論家。帰国後に出版した自叙伝がベストセラーとなり、現在テレビ番組のコメンテーターとして人気を集めている。 「読字障害は、文字を認識するのが苦手という特徴を持ちます。“障害”という名称がついていますが、例えば歌が下手な人を障害とは呼ばな…

全文を読む

「伊岡瞬」のおすすめ記事をもっと見る

「伊岡瞬」のレビュー・書評をもっと見る

「伊岡瞬」の本・小説

朽ちゆく庭

朽ちゆく庭

作家
伊岡瞬
出版社
集英社
発売日
2022-06-03
ISBN
9784087717945
作品情報を見る
奔流の海

奔流の海

作家
伊岡瞬
出版社
文藝春秋
発売日
2022-01-26
ISBN
9784163914916
作品情報を見る
不審者 (集英社文庫)

不審者 (集英社文庫)

作家
伊岡瞬
出版社
集英社
発売日
2021-09-17
ISBN
9784087442922
作品情報を見る
祈り (文春文庫)

祈り (文春文庫)

作家
伊岡瞬
出版社
文藝春秋
発売日
2020-06-09
ISBN
9784167915100
作品情報を見る
仮面

仮面

作家
伊岡瞬
出版社
KADOKAWA
発売日
2021-06-30
ISBN
9784041095928
作品情報を見る
代償 (角川文庫)

代償 (角川文庫)

作家
伊岡瞬
出版社
KADOKAWA/角川書店
発売日
2016-05-25
ISBN
9784041039922
作品情報を見る
悪寒 (集英社文庫)

悪寒 (集英社文庫)

作家
伊岡瞬
出版社
集英社
発売日
2019-08-21
ISBN
9784087440096
作品情報を見る
痣 (徳間文庫)

痣 (徳間文庫)

作家
伊岡瞬
出版社
徳間書店
発売日
2018-11-02
ISBN
9784198944063
作品情報を見る

「伊岡瞬」人気の作品ランキングをもっと見る

「伊岡瞬」の関連画像・写真

「伊岡瞬」の関連画像・写真をもっと見る