読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

忘却の船に流れは光 (ハヤカワ文庫JA)

忘却の船に流れは光 (ハヤカワ文庫JA)

忘却の船に流れは光 (ハヤカワ文庫JA)

作家
田中啓文
出版社
早川書房
発売日
2007-05-01
ISBN
9784150308889
amazonで購入する Kindle版を購入する

忘却の船に流れは光 (ハヤカワ文庫JA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

けいちゃっぷ

内容は読んでもらうしかありませんが、一つだけご注意申し上げるなら「食事しながら読まないこと」(笑)。

2007/06/03

ネムル

田中啓文版『神曲』とかどないやねん、とか思いつつ読んだが、まあ当然のように脱糞小説だった。新聞小説で毎度山場を出すかの勢いで、ページをめくると常に脱糞か血ドバ。あー、おもろ。だじゃれの少ないのだけが不満だったが、ラストには呆然阿呆オチに加え、しょーもないだじゃれがあったので非常に満足である。ちなみにこの本、便器に腰掛け読み終えた。糞をひりながらも、思わず笑ってしもうたよ。

2016/02/04

ろびん

目次からしてモチーフは神曲かな、と思いつつ読んだ事が無いのですよね……。オチは中々でした。

2018/12/21

Bugsy Malone 1月は恒例の怪獣月間ฅ(`ω´)ฅ

エロ、グロ、駄洒落。やっぱりこの人大好きです。

2015/02/03

oyai

以前読んだお勧め本シリーズwこちらこの作家さんの作品では、私的に一番面白かった作品。粉もん屋馬子や鍋奉行が好きな方にはオススメできませんwエログロ苦手な方もダメですね。で、おそらくはこの作品の最後の一文。これかきたくってこの小説を書いたんだと確信しています。グロいけどオススメ。

感想・レビューをもっと見る