読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ロマンス

ロマンス

ロマンス

作家
タナダユキ
出版社
文藝春秋
発売日
2015-07-25
ISBN
9784163903040
amazonで購入する Kindle版を購入する

ロマンス / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いたろう

先に映画を鑑賞。タナダユキ監督自身によるオリジナル原作。映画を観たときには、タナダユキ監督にしては若干物足りないと思ったが、原作を読んでいるうちに映画のシーンが次々目に浮かび、映画も悪くなかったかもと。原作にあって、映画にないいくつかのシーンに映像で見たかったところがあり、それがなかったのが残念。それにしても、小田急電鉄の全面協力なのに、なんでロマンスカーで働いてんの?という質問に、面接落ちまくりで、唯一受かったのがロマンスカーの社内販売員だったから、というのはいいの?

2015/09/14

九月猫

大島優子ちゃん主演映画の原作でロマンスカーのお話、とだけ知っていて。ほんの一日の、現実からの逃避行もしくは母を訪ねて箱根巡り。箱根の景色を知らないのだけど映像が浮かんで楽しい。鉢子の口の悪さ、桜庭の胡散臭い調子の良さも楽しい。けど、鉢子が心に抱えている母親への鬱屈が身につまされて仕方なかった(うちの母親これほど酷くないですが)。桜庭のその後が気になりつつも想像の余地あるラストは好もしい。映画は観てないけど、桜庭役が大倉孝二くんだと知ってちょっと観てみたくなった。ドジッ子久保ちゃんはどなただったんだろう?

2015/11/29

ヒデミン@もも

当日返却棚で目について借りてきた本。帯で大島優子主演の映画の原作。脚本監督の作品と知る。なので当然大島優子を思い浮かべながら読む。イメージはピッタリ。映画にしたら面白そう。

2015/10/12

おかむら

大島優子主演で今公開されてるらしい映画の原作。というか監督自身によるノベライズ。タナダユキさんは「復讐」って本がものすごーく面白かったのでこれも期待したら、まあそれほどでもなかったかなー。ロマンスカーには乗りたくなります。大島優子以外の出演者を知らなかったのでオッサン役を浅野忠信のイメージで読んで、読後YouTubeで予告編みたら大倉孝二だった! あー確かに浅野さんじゃカッコよすぎだわ。そして大倉孝二、合ってたすごく。あと窪田くんもチョイ役ででるみたい。

2015/10/01

ぱちお

映画から。少しわからないところあったので。同僚の人がわりと強烈でした。鉢子ちゃん、ちょっと吹っ切れた感じだし、終りかたもサッパリしていてよかった。おっさんはこれからどうするんだろうと思った。

2016/06/15

感想・レビューをもっと見る