読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

日傘を差す女

日傘を差す女

日傘を差す女

作家
伊集院静
出版社
文藝春秋
発売日
2018-08-09
ISBN
9784163908816
amazonで購入する

日傘を差す女 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

9月の第1作目は、コンスタントに読んでいる伊集院 静の最新作です。タイトルと表紙から、恋愛小説かと思いきや、抒情ミステリでした。個人的に著者のミステリは、評価していないので、少し残念な作品の部類です。

2018/09/01

ゆみねこ

都心のビルの屋上で胸に銛が刺さった状態で発見された老人の遺体。鯨の町太地の伝説の砲手・稲本和夫の死と相次いで起きた殺人事件。捜査1課の草刈・立石のコンビが赤坂・和歌山・三厩を捜査し明かされた真相。衰退した捕鯨と旧習の残る花柳界と政界の闇。真犯人はちょっと意外な人物でした。

2019/07/02

yoshimi

著者初読み。いろんな要素が盛り込まれて興味深かったが、どの要素もあまり響かずちょっと残念。真相が気になる展開は良かったが、最後あまり腑に落ちず。刑事たちの人物描写が焦点合わず、イメージしづらかったのも残念要素。

2018/09/29

aloha0307

人間の根源にある哀しみを、捕鯨の街:和歌山・太地、極北多雪の青森・竜飛岬を舞台に旅情豊かに描きます。「人が罪を犯した状況には、そこに社会悪がある」~所轄刑事の言葉がずっしりくる。いっぽう、菊子の死因がはっきりしない。あれだけ犯人を憎むのに他部署には日和る先輩刑事。3人めの殺人の動機が薄い。草刈刑事の若き日のトラウマが掘り下げ不足...などなどコメントしたくなる。敬愛なる伊集院さんなのでちょっと残念ではありますね。

2019/01/09

なっく

いつの世もしわ寄せは弱い者に来る。自然が厳しく産業のない田舎、女、子ども。だからと言って犯罪は許されないが、やるせない気持ちが残る。しかしこの小説は別に伊集院さんでなくとも書けるような気が、という感がぬぐえない。マルチな才能をお持ちの伊集院さんにはもっと個性あふれる作品を期待したい。

2019/03/02

感想・レビューをもっと見る