読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない

「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない

「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない

作家
中川翔子
出版社
文藝春秋
発売日
2019-08-08
ISBN
9784163910727
amazonで購入する Kindle版を購入する

「「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない」の関連記事

「いじめられるほうにも理由がある」は絶対に違う。 中川翔子が苦しんでいる子供たちに放つ「死ぬんじゃねーぞ!!」のメッセ―ジ

 8月8日(木)に刊行された、タレントの中川翔子さんの著書『「死ぬんじゃねーぞ!!」いじめられている君はゼッタイ悪くない』(文藝春秋)。中学時代にいじめられて不登校になった経験をもとに、エッセイと漫画で綴る「学校に行きたくない、死にたい」と思う子供たちへの強いメッセージだ。刊行を記念して、タイトルにこめられた想いをうかがった。

■いじめに苦しんでいる子たちに、寄り添える本になるように

――似た経験をしたことのある人はもちろん、今まさに学校でつらい思いを抱えている子供たちに刺さる本だと思いました。反面、ご自身の体験を思い起こすのは大変だったと思うのですが、なぜこの本を書こうと思ったのですか?

中川翔子(以下、中川) NHKの『#8月31日の夜に。』という番組に呼んでもらうことが多くて。それは夏休み最後の日、明日から始まる学校に行きたくなくて絶望する子供たちへ向けたものなんですけれど、番組を通じて、いじめや不登校に悩む今の10代の子たちの声をたくさん聞いていると、いじめって普遍的にずっとあるものなんだな、というのを痛感します。毎年新しく生徒が増えて、…

2019/8/21

全文を読む

関連記事をもっと見る

「死ぬんじゃねーぞ!!」 いじめられている君はゼッタイ悪くない / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

やすらぎ

死を考えたことのある人は少なからずいるはず。学生時代の傷は深くなり、その人の一生に影響を及ぼす。…あの時に思い止まり生きているからこそ今がある。自らの辛い体験を今悩んでいる人に向け発信する中川翔子さんの力。…学校でも仕事場でも、集団に染まり個性を見失う恐怖、理不尽なことに耐える葛藤、孤独感は今も存在し続けている。平和と言われる日本で、格差をつけたがる人間がいかに多いことか。この本は沢山の人を救う。響く言葉が沢山ある。…死にたくなっても先延ばしにして。死の衝動が来ても生きて。いつか人の優しさに出会えるから。

2021/05/22

名探偵コナンは偉そうだと思うおじさんの会・寺

先日Twitterを見ていたら、中川翔子の「いじめられている君は絶対悪くない」という言葉に矢野顕子が感銘を受けていた。私もEテレの番組等で観た、中川翔子の妥協の無い真剣ないじめ被害者への味方っぷりに、強い思想のような立派なものを感じる。本書は文章や対談の他に、内容の拾い読みができるように自筆の漫画も載っている。優しい配慮である。中川翔子自身のいじめ体験も綴られているのだが、読んでいて泣いてしまった。どうしてこんな悲しい目に会わなくてはいけないのか?。彼女の子供や大人への願いや祈りは強く真っ直ぐだ。お薦め。

2020/05/22

あっか

夢中であっという間に読了。しょこたんがいじめに遭った経験はメディアなどでも知っていたが、こんなにガチだったとは…ここに書かれている、主に中学生頃のカースト制やボス云々の話は本当に全ての学校や集団に多かれ少なかれあることだと思う。それに対するしょこたんのメッセージが本当に的確というか魂がこもっていて、その通り!と思うことばかり。中学生で人間関係どうこうできないなら大人になってからもっと苦労する、というのは言われたことがあるし本気でそう思っていたけど絶対違うと今なら思う。木村の話には涙が出ました。再読したい。

2019/11/02

どぶねずみ

いじめられる者は悪くない。立ち回りが不器用な中学生は、目立つ子や、いじめる子にとっての「普通」と少しずれていることが気にくわないから、止めを刺そうとする。繊細な子にとっては、ただの悪ふざけもいじめになってしまうし、中学生って本当に難しい年頃。いじめはいつの時代になってもなくならないが、SNSを通じてなどますます痛みの伴わないいじめが増えてくるようだ。安易な考えだけど、誰もがもっとおおらかにストレスを感じない中学生に育ったら、いじめって減るのかな。

2020/01/12

Takanori Murai

「いじめているほうが100%悪い。」これが中川さんの主張。「いじめられる側にも問題がある。」これは今まで大人たちが使ってきた言葉。「いじめられている君はゼッタイ悪くない」これはいじめられている子たちへの強いエールになるだろう。いじめられていることを悪いことと感じて、親や、大好きな人に、そのことを知られたくない。だから相談できなかったり、思い詰めてしまったり。大人たちはこの本を手に取って、「助けて!」とすがりつかれる存在へと変化するきっかけにしてほしい。

2019/08/14

感想・レビューをもっと見る