読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

雨滴は続く

雨滴は続く

雨滴は続く

作家
西村賢太
出版社
文藝春秋
発売日
2022-05-25
ISBN
9784163915432
amazonで購入する Kindle版を購入する

雨滴は続く / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

シャコタンブルー

そうか、もう貫多はいないのか・・読後は深い余韻に包まれた。寒々しい蒼と涙雨に濡れている様な暮石の表装、そして素敵なタイトルが未完の遺作にふさわしくとても感慨深い。傍若無人で破滅的に思える生き方は不器用だけど藤澤清造への敬愛は本物だ。恐らく誰も敵わないし、誰にも理解されないかも知れない。そこまで一途になる姿は清々しい。逆に女性二人に対する非礼な態度には呆れたが、その妄想と願望は笑えた。新川との決裂も危惧したが優しさに救われ一安心した。芥川賞受賞を予感させるラストも雨滴が続く様で最高だった。さらば、北町貫多!

2022/06/22

おかむら

西村賢太の遺作。貫多シリーズ最長の500pの大長編。秋恵と別れ3年後小説家デビューの頃の半年間。私小説への拘りと覚悟の凄まじさの一方で女の方はなんと二股かけてます! といっても完全に独りよがりの脳内妄想が最高にオカシイ!勝手に懸想して勝手に落ち込んでの罵詈雑言がひどすぎる! 本読んでて声出して笑っちゃったの久しぶりだわ! 「根が〇〇」祭りもくどくて楽しい。未完だけどそんな中途半端なとこで終わってないと思うよー。それにしてももう読めないのがほんとに残念で残念で、亡くなった時より今作読んだ今の方が喪失感…。

2022/06/20

そうたそ@吉

★★★★★ 著者の遺作。未完ではあるが、芥川賞の候補となるまでが描かれている。氏の作品にしては珍しくほぼ500ページという大部な作であったが、その長さが全く気にならないほどの面白さ。相変わらずの罵詈雑言に、勝手に脳内で葛山とおゆうという二人の女性に二股をかけ、終始身勝手な天秤にかけ続ける始末。知り合いの古書店主の新川への扱いのひどさも度を超えているほど。期待を裏切らない内容に読み終わった後の満足感は言うまでもなく、同時にこれで本当に終わりなのかという言い尽くせない哀しさもまた感じられた。

2022/06/20

ひいろ

★★

2022/06/30

りょうけん

<恨>  本書は作者の急逝により未完のまま急遽上梓されたらしい。とにもかくにも突然な他界で僕としても急にこの本を読む事になって少々とまどってはいる。  掲載雑誌 ”文學界” は一切読まなかった。しかし「雨滴は続く」という西村の作品がある事は知っていて、これは果たしてもっと短く簡潔な文章で小刻みに書かれているものかと勝手に思い込んでいたのでこの言わば濃厚な感じで根深く奥へ続く書き様は、これまで僕が読んできた西村の作品とはちょっと違うのかもな、と感じた。  

2022/07/06

感想・レビューをもっと見る