KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

センスの哲学

センスの哲学

センスの哲学

作家
千葉雅也
出版社
文藝春秋
発売日
2024-04-05
ISBN
9784163918273
amazonで購入する Kindle版を購入する

センスの哲学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ころこ

在と不在、意味とリズム、その反復と差異を途中で「いないいないばあ」と表現しさえする。本書でいうセンスとは意味ではなく、意味以前の事象そのもののとらえ方にあるという逆説にある。これをちょっと変形すると、「地」と「図」のうち、「図」ではなく「地」(文化資本とも言い得る)の方に着目すると考えると、少し問題がみえるかも知れない。このことを言うために、著者の専門であるフランス現代思想では、延々と「地」のテクストが続くところだ。『意味がない無意味』(著者の別の著作)ではそのことを論じた。本書はあえて意味として無意味を

2024/04/17

ほし

千葉雅也さんによる芸術論の本。本書では、何のためなのかという意味や目的を離れ、そのもの=「リズム」でものごとを把握することが提示されます。リズムとは凸凹であり、そこには0→1の落差による「ビート」と、複雑に絡み合う「うねり」がある。このような見方を主軸に、絵画や映画、食事などを分解していきます。自分に固有の偶然性を肯定したうえで、その中での反復と差異によるリズムで制作することを提示する千葉さんの話には開放感があり、本書を読むとなにかを作ってみよう、見てみようという気持ちになります。

2024/04/13

nagata

「センスが良くなる」本ではあるが、中心は「生活と美術をつなぐ万人のための方法」を説くもの。でも、語り口調の独特な文体から紡ぎだされる論考は深く、物事の直感的な把握。「アンチセンスという陰影を帯びてこそ真にセンスとなる」とは、自らに宿る影(あえて「陰」ではない)を正面から受け止め、他のつながりの中から輪郭を浮き上がらせて(つまり言葉化することで意識に上らせることで)表出されるものがその人の個性となるのだと読めた。

2024/05/09

koke

あらゆる芸術の意味に通じることはできない。広く芸術を鑑賞する人は自然とフォーマリストになると思う。一度身につけば万能の方法なので、入門者にフォーマリズムを推薦するのは理にかなっている。だが本書は、何でもフォーマリズム的に分析できるセンスを持ち上げて終わりにしない。センスはマウンティングの道具ではなく、物事の複雑さや予測誤差を楽しめる能力だという。さらに、センスを磨くにつれて逆に浮かび上がってくる個人的なこだわりこそが、誰もがヘタウマな芸術家となって生きることを可能にする。鑑賞と制作の指針としたい。

2024/05/12

msykst

「自分に固有の偶然性の余らせ方」、主体として生きることと結びついた「反復の必然性」を肯定し、更にはその反復が変奏する事によって主体が変容する、その偶然性にも賭ける。『勉強の哲学』とかなり通じる内容で、めちゃくちゃ腑に落ちた。餃子とポークソテーの描写が美味しそうだなーと思ってたけど、あとがきを読んで納得。食べ物の解像度上げたい。

2024/05/10

感想・レビューをもっと見る