読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

円朝の女 (文春文庫)

円朝の女 (文春文庫)

円朝の女 (文春文庫)

作家
松井今朝子
出版社
文藝春秋
発売日
2012-05-10
ISBN
9784167833015
amazonで購入する Kindle版を購入する

円朝の女 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

greenish 🌿

幕末から明治にかけて落語界に大きな足跡を残した三遊亭圓朝。近代落語の祖と謳われた御仁を取り巻く5人の女性と時代を描く連作短編集 ---松井今朝子さんと言えば独特の”語り”文体。本作も圓朝の弟子・円八による語りが、その時代へ心地よく誘ってくれます。武家の娘・吉原の花魁・圓朝の子を成しながら女郎に身を落とした武家の女・圓朝の内儀になりながら子を成せなかった一流芸者・圓朝の子となった芸人の娘…これら時代の矜持を持った女性たちとの色恋を描きながら、圓朝という噺家の本質・魅力を浮き彫りにした筋立てはお見事でした!↓

2017/05/20

NAO

【『歴史・時代週間』参加】江戸末期から明治初期にかけて活躍し、『牡丹灯籠』や『真景累ヶ淵』などの怪談噺の作者でもある落語家・三遊亭円朝が関わった女たちを主人公とした、五つの話。五人の女性を通して、円朝の生きざまが描かれているのだが、時代は幕末から江戸へと大きく変動していく時期、円朝と女たちを描きながらも、その背景である世相もしっかり見えてくるところが興味深い。面白かったのは、吉原一ともなった花魁と円朝の関係を描いた『玄人の女』。洒脱で軽妙な語りの最後にぽろりとこぼれ出る花魁の寂しさに胸を打たれる。

2019/03/28

shizuka

落語の神様と言われている三遊亭圓朝。彼を取り巻いた5人の女たち。憧れのまま終わった女(ひと)もいれば、子をなしながらも結婚しなかった女もいる。結婚しても子ができなかった女もいる。圓朝の女性関係はそれなりに派手だったようだ。が、それよりも圓朝が生きていた時代の風俗、世相、庶民とハイクラスの生活様式が丁寧に書かれており、読んでいる時だけでも明治の地に降り立てた気分になれた。寄席・落語・噺家、最盛期はやはりこの時代だったんだろうな。芸人が最も芸人らしかった時代。巻末の小朝師匠と作者の対談もとてもためになった。

2019/08/24

fu

三遊亭円朝と、娘や妻を含む5人の女を描いた短編集。小朝との対談解説つき。「柳に締めた、鵜飼船の篝火を描いた染め絽の帯」「羊羹色に褪せた借り着の黒紋付き」「唐桟の乱堅縞に薄水色の襟をかけ、前髪に小さい蒔絵櫛」といった視覚に訴える描写が女性作家ならでは。ただし著者によれば、意識的に視覚描写を心がけたそうで、本来視覚描写より聴覚(口調)に強いこだわりがあるのだそう。音読すると一層面白いかもしれない。いずれにせよ、時代考証がしっかりした時代小説は読み応えがあって面白い。

2015/09/05

Norico

牡丹灯籠や真景累ヶ淵などの怪談話を作った名人、円朝が関わった女たちの話。本当にこんなにモテた人だったのかな?江戸末期から明治初期という激動の時代が感じられた

2019/01/12

感想・レビューをもっと見る