読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで (文春文庫)

バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで (文春文庫)

バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで (文春文庫)

作家
速水健朗
円堂都司昭
栗原裕一郎
大山くまお
成松哲
出版社
文藝春秋
発売日
2016-12-01
ISBN
9784167907594
amazonで購入する Kindle版を購入する

バンド臨終図巻 ビートルズからSMAPまで (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ウッディ

なぜ、このバンドは解散してしまったのか?日本、海外の有名バンドの知りたいような、知りたくなかったような、バンドの解散劇の裏事情!当然、ドロドロした理由が多かったが、「愛がすべてさ」・・フォルティシモの歌詞がむなしくなるくらい、HOUND DOGの金にまつわる泥仕合が強烈だった。

2017/06/05

面白かった。山田風太郎の名著『人間臨終図鑑』のバンド版。バンドと言っても副題でわかる様にアイドルグループも含まれており、日本のグループが半分以上なので、音楽に疎い私にも敷居が低くて良い。これを読むと『人間臨終図鑑』のあの形式がいかに大発明かが解る。バンド自体の音楽に関する寸評はない。あくまでも解散劇が中心。前書きにもあるが、いかに「音楽性の違い」という定番の解散理由が嘘かという事も分かる。嫉妬、金。つくづく世に大人はいないと思わされる。あと再結成の多さ。全く覚えていなかったハウンドドックの解散劇に驚いた。

2016/12/13

おかだ

HOUND DOG超泥沼!ABBAは単純に離婚劇!チューリップみなぎるビジネス感!チェッカーズ胸が痛む!キャンディーズかっこいい!TMNの解散理由小難しい!COMPLEXの吉川の片思い感せつない!X JAPANがやたらボリューミー!THE BOOMが幸せそう!JAMは恩田さんツラい!オアシスは兄弟喧嘩エグすぎ!ナンバガtheシンプル!羞恥心は闇が深い!ELLEGARDEN復活したよ!そしてQueenはとにかく、胸熱っ!!人気バンドは再結成できないパターンのほうが稀で、9割近くが復活するんだな~とホッコリ。

2019/01/11

ユズル

『音楽性の違い』と言うのが、本当に綺麗事な言葉なんだなと改めて実感しました。金、女(男)、売上、人間の相性。解散はほとんど、これが原因のようでした。

2017/03/27

つみかた

好きなバンドの内情を知ると、意外に感じて、それも楽しみ方の一つかなと。同んなじような切り口で「企業臨終図鑑」なんか出たら、面白そうだな。それにしても、キャンディーズはドラマチックだったし、HOUND DOGは金でドロドロだし、終わり方にもいろいろだとつくずく思った。

2017/03/26

感想・レビューをもっと見る