読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

防諜捜査 (文春文庫)

防諜捜査 (文春文庫)

防諜捜査 (文春文庫)

作家
今野敏
出版社
文藝春秋
発売日
2018-11-09
ISBN
9784167911690
amazonで購入する Kindle版を購入する

防諜捜査 (文春文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

文春文庫のこのシリーズは第5作目なのですね。初めてこの作品を読んだのですが主人公がどのような経歴を歩んできたのかわからないのですが、それなりに楽しめました。ロシア人の女性が鉄道自殺なのか事故なのかという発端があって話が膨らみます。犯人の性格が結構面白く、主人公に対して挑んでいる気がしました。最後に危うくということですが、主人公の仲間たちに助けらます。前作4作品を読みたくなりました。

2018/12/26

たち

このシリーズは初めて読むので、倉島さんの過去の実績とやらがよくわかりません。そのせいか、倉島さんより部下の伊藤さんの優秀さのほうが目立っているように感じてしまいました。きっと倉島さんって凄い人なんでしょうね…。

2020/01/22

Walhalla

シリーズ5作目です。倉島警部補は、もう公安のエースと呼んでもいいですよね。シリーズの開始当初からずいぶん成長されていて、その過程も楽しめる作品になっていますね。『公安は刑事とは違う。物証より情報だ』。何だかとても説得力があって格好いいです。前作でチームを組んだ伊藤さんと片桐さんが再登場しているのも嬉しいです。続編を期待したいですね。

2020/06/15

koba

★★★★☆

2019/04/03

タツ フカガワ

倉島シリーズ5作目。秋葉原駅でロシア人ホステスがホームから転落し轢死する。警察は事故として処理するが、公安部の倉島は、所轄署にロシア人の殺し屋に突き落とされたと訴え出た中学教師がいたことに注目する。だが殺し屋の正体がつかめずに捜査は難航する。倉島指揮のもと、5人の捜査員たちのキャラクターも読みどころで、警察小説ならではの面白さでした。今回は目立たない男、伊藤が大活躍。

2021/04/05

感想・レビューをもっと見る