読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

地球時代の哲学

地球時代の哲学

地球時代の哲学

作家
佐藤優
出版社
潮出版社
発売日
2014-02-05
ISBN
9784267019708
amazonで購入する Kindle版を購入する

地球時代の哲学 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

уцмiкο

トインビー博士と、池田大作先生との対談を解説した感じ。筆者はプロテスタントだけど、創価学会と池田先生のファンである。

2019/12/09

wiki

三度目の読了ではあるが、難しい。それも自身が西洋の哲学思想を基本的知識として取り入れていないからだと思う。著者はキリスト教の信仰者だけれども、創価学会を生きた宗教としてとらえ、自身の信仰を深める意味でも「虚心坦懐に」学ばれている。そうした素直さが欠けてはいないか。「宗教とはいかがわしいもの」という偏見一辺倒で思考停止し、その自身が拝金教や出世教、さらには迷信や大衆扇動に乗せられていることにも気付かないで暮らしていないか。トインビー対談が開かれた対話であったように、本書の如く開かれた読書もすべきと思う。

2018/05/23

coolflat

著者は創価学会と池田大作のファンと公言する佐藤優。曰く、私はカネと引き換えに自分の意思に反する内容の寄稿をする事は絶対にない。日本のマスメディアに「創価学会タブー」が存在している事を実感した。世間でいわれているような「学会は力があるから、メディアが悪口を書けない」というタブーではない。その逆のタブーである。と。だからこそ著者は創価学会と池田大作の魅力を積極的に発言する事にしたと。因みに本書は著者による池田・トインビー対談の解説本だ。“思い込み”を捨てて読んでみれば、池田大作の地頭のよさが実感できると思う。

2014/12/21

wiki

「虚心坦懐に学ぶ」とした著者の率直な姿勢には心打たれる。キリスト教に対する知識がないもので、池田氏とトインビー氏との対話が如何に重要であったか、著者の切り口から知恵を借りて読むと改めて感銘を受けることばかりだった。「現代における生きた宗教の意義を見事に説明した」「法華経の思想を世界基準で通用する具体的かつ普遍的な言語に転換した」とあり、なるほど、だから世界的に読まれる書籍となったのかと思った。中身は引用のボリュームが凄い。本書のみならず『二十一世紀への対話』『池田大作名言100選』を直接読むに如くはない。

2016/07/13

松村 英治

もっている知識が少なすぎて8割がた理解できていない…

2015/05/25

感想・レビューをもっと見る