読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

すぐ死ぬんだから 第1巻 (希望コミックス)

すぐ死ぬんだから 第1巻 (希望コミックス)

すぐ死ぬんだから 第1巻 (希望コミックス)

作家
くさか里樹
内館牧子
出版社
潮出版社
発売日
2020-08-12
ISBN
9784267022463
amazonで購入する

「すぐ死ぬんだから 第1巻 (希望コミックス)」のおすすめレビュー

70代女性に訪れる思いがけない事態とは? ベストセラー小説『すぐ死ぬんだから』漫画化!

『すぐ死ぬんだから1』(内館牧子:原作、くさか里樹:漫画/潮出版社)

「終活」という言葉が流行語大賞トップテンにランクインしたのは2012年のことだ。その6年後、2018年に、脚本家・内館牧子さんにより発表された小説『すぐ死ぬんだから』は、それ以降数年間の「終活」のイメージを覆すような作品だった。主人公は努力と根性で若さを保ち続ける、はつらつとした78歳の女性ハナ。夫の死をきっかけに、ハナの平穏な老後は一転する。この小説は累計30万部を突破したベストセラーとなった。

 そして2020年8月、『すぐ死ぬんだから』はNHKの連続ドラマとなってスタートした。主演はハナと同い年の大女優・三田佳子さんで、連続ドラマ主演は23年ぶりだという。その放送に合わせるように、くさか里樹さんによる漫画版の『すぐ死ぬんだから』(潮出版社)1巻も発売された。

“くさかさんの作品は以前からずっと読んでいました”

 原作者で脚本家の内館牧子さんは巻末の対談でそう話す。

 本作の内容を振り返ってみよう。

 78歳なのに70代に見えないほど若くはつらつとした主人公ハナ。やさしい夫に愛され子ど…

2020/9/16

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る