読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ブルーハワイ

ブルーハワイ

ブルーハワイ

作家
青山七恵
出版社
河出書房新社
発売日
2018-07-12
ISBN
9784309027050
amazonで購入する Kindle版を購入する

ブルーハワイ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

青山 七恵は、新作中心に読んでいる作家です。市井の人々のシュールでヴァラエティな短編集でした。オススメは、表紙も鮮やかな表題作『ブルーハワイ』&『山の上の春子』です。みんな悩んでいます。

2018/07/27

ケンイチミズバ

聖ミラクーシュの日は笑ったし初めての海外で自分にもある。パスタソースとパスタが少し時差をおいて出てきた。イタリア語の説明ももちろんサッパリわからん。要するにこってりなスープだと思って、しかも旨くて先にパスタソースを平らげた私は、そのあと生のパスタを麺だけで必死に食した。せめてもの救いはテーブルにあったブラックペッパー。苦しかったし恥ずかしかった。日本人が勘違いされてしまうと焦った。27才の冬、ロンドンで単独行動、忘れもしない。夕食くらい一人で食えるさと強がったが故の。

2018/08/14

なゆ

青山さんの話に出てくる主人公は、何考えてるかわからない人が多い気がする。この短編集もモヤッと振り回されたような、あーあとため息つくような。でも、嫌いじゃない。「辰年」が、女系大家族の賑々しいお見舞い行脚のようすも面白いが、高校生の梢の妄想と、“いとなみの勉強”に笑った。あるよなー、こういうこと。「聖ミクラーシュの日」は、旅先チェコで友達とケンカ別れしてしまい、たった一人で入った怪しげな店での不安感を堪能。「わたしのおばあちゃん」は読みながら自分のおばあちゃんを思い浮かべる。そういうこともアリだと思いたい。

2018/08/10

野のこ

青山さんは同い年でかってに親近感がありデビュー当初から愛読してます。6つの短編集。主人公のみじめでものうい気持ち、それに諦めさも感じて少しもやもやしましたが、その後の毒性のあるユーモアがクセになりました。辰年から元姉婿を思い出す梢のお話「辰年」チェコ旅行で親友とケンカして単独行動するお話「聖ミクラーシュの日」が良かったです。聖ニコラス?と天使に扮した接客をする地下のレストラン、怖いけど行ってみたいかも(笑)しかもお金取られるけど記念撮影付き!

2018/08/20

よこたん

“そんなに他人の事情ばかりおもんばかってたら、おまえ、自分の事情はどうなるのよ” 人はひとりでは生きていけないけれど、なかなかひとりにもしてもらえない。言われたことに動揺し、言われなかったことを邪推し、結局相手に振り回される。青山さんの作品の主人公たちは、ちょっとぼーっとした感じの人が多い気がする。ものすごい事件が起こるわけでもない、淡々とした日々のささやかな出来事なのだけど、やや苦みが残る。ポップな表紙と題名に反して、くすんだ曇り空の中のような話が多かった。

2019/03/17

感想・レビューをもっと見る