読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

化学の結婚

化学の結婚

化学の結婚

作家
ヨーハン・ヴァレンティン アンドレーエ
Johann Valentin Andreae
種村季弘
出版社
紀伊國屋書店
発売日
0000-00-00
ISBN
9784314005920
amazonで購入する

化学の結婚 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ロロ

図書館で借りて目を通しました。確か冒頭に読者巻き込み型の文章があったような。子供の頃、「果てしない物語」を読みながら、自分もあちら側に案内されるのではないかと考えたことを思い出したりしました。

桜井夕也

「余ハ120年後ニ公開サレルデアロウ」

2012/10/18

reeree

「科学の結婚」「薔薇十字の名声」「薔薇十字の信条告白」「全世界の普遍的かつ総体的改革」が載ってます。最初に出版された年は、1614年「薔薇十字の名声」「全世界の普遍的かつ総体的改革」。1615年「薔薇十字の信条告白」。1616年「科学の結婚」。「科学の結婚」は写本が1610年頃から出回っていたそうです。いろんなオカルト系物語の元ネタになっている「科学の結婚」を読んでみたかったんですよね。現代に書かれた小説のような面白さはありませんが、資料的に面白いです。「科学の結婚」の最後の欠落した2頁はもうこの世には存

2010/05/04

感想・レビューをもっと見る