読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

忍者大戦 黒ノ巻 (光文社時代小説文庫)

忍者大戦 黒ノ巻 (光文社時代小説文庫)

忍者大戦 黒ノ巻 (光文社時代小説文庫)

作家
光文社文庫編集部
天祢涼
安萬純一
霞流一
二階堂黎人
山田彩人
出版社
光文社
発売日
2018-08-08
ISBN
9784334777104
amazonで購入する Kindle版を購入する

忍者大戦 黒ノ巻 (光文社時代小説文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Norico

忍者のアンソロジー。安萬純一さんの「死に場所と見つけたり」は、右門は生き方も死に方もかっこよい。天祢涼さんの「風林火山異聞録」の山本勘助もよかった。上杉謙信も驚き。山田彩人さんの「下忍へちまの小六」、小六はすごい

2020/06/18

二分五厘

ミステリ作家による忍者アンソロジー。『安萬純一』幕府隠密・右門と、藩内に草として埋伏する兼明。様々な思惑と陰謀の影で果てる忍びの悲哀。『霞流一』山風バリのぶっ飛んだ伊賀甲賀忍法合戦。"夕陽はかえる"スタイルの隠語も飛び交う痛快忍術劇。『天祢涼』忍者・山本勘助、川中島にて上杉政虎を狙う。死闘の果てに哄う者。『山田彩人』何故か十中九死の状況でも必ず生還する、無能な下忍・小六。隠された彼の忍術とは。『二階堂黎人』隠密の前に現れる異様な光景。山が吠え、三つ首のオロチが火を吐く。忍者活劇ミステリ。

2020/05/01

トリプルアクセル

忍者をテーマにしたアンソロジー。どの作品も面白かったが、中でも霞さんと天袮さんの作品が特に良かった。霞さんの作品は、山田風太郎の忍法帖を思わせる内容に、必殺テイストなどの霞さんならではの味付けが加えられた素晴らしい内容だった。天袮さんの作品は、史実に基づいた設定で結末がわかっているという難しい縛りの中、面白く読ませる筆力やどんでん返し、啄木鳥の「落ち」が素晴らしかった。忍者活劇としても本格ミステリとしても高いレベルの作品が揃った素晴らしいアンソロジーだと思う。

2018/10/04

キリン

長編もいいけど、短編は短編でバラエティゆたか。

2019/05/07

ひさか

2018年8月光文社文庫刊。死に場所と見つけたり:安萬純一、忍夜かける乱:霞流一、風林火山異聞録:天祢涼、下忍へちまの小六:山田彩人、幻獣:二階堂黎人、の5篇の書下ろしアンソロジー。シリーズ1作目。山田風太郎ばりのスーパー忍者達が活躍するのが面白く、楽しい。

2019/03/15

感想・レビューをもっと見る