読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

柄刀一

柄刀一 写真:川口宗道
職業・肩書き
作家
ふりがな
つかとう・はじめ

プロフィール

最終更新 : 2018-09-20

1959年、北海道生まれ。公募アンソロジー「本格推理」への参加を経て、98年『3000年の密室』で有栖川有栖のエールを受けてデビュー。著書に「天才・天地龍之介がゆく!」シリーズ、『密室キングダム』『翼のある依頼人』『ifの迷宮』、『月食館の朝と夜』(「奇蹟審問官アーサー」シリーズ)など多数。

「柄刀一」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

主婦探偵があるんだから、絵画修復士探偵があってもいいじゃないか!

主婦探偵があるんだから、絵画修復士探偵があってもいいじゃないか!

美術品といえば、強盗がつきものです。 ―ですが、意外にも美術品(特に絵画)が大っぴらに登場するミステリーは少ない気がします。 ミステリーというよりは犯罪小説になってしまうからでしょうか。確かに、絵が人殺しする訳はないんですが、絵画芸術とミステリーを愛好する者にとっては実に寂しいところであります…。

しかし!

日本全国にお住まいの絵画とミステリーを愛する皆様、おまたせ致しました。 これがお探しの品でございます。

本作は絵画修復士・御倉瞬介を主人公とした小説であります。一介の絵画修復士…と言うと、賢明なる読者の皆様はそこへ明智の様な探偵狂が現れるのだな、とお考えになるやもしれませんが、ハズレです。 なんと、一介の絵画修復士であるところの彼が、数々の怪事件に対して、類まれなる名探偵ぶりを発揮する作品なのであります。 「何故絵画修復士が探偵?しかも、絵画関係ないじゃん!」 と思いがちですが、ご安心ください。絵画修復士であるが故の眼でもって、実にステキな閃きを見せてくれるのです。 謎めいた殺人事件や不審な事故など、幸か不幸か、何故か様々な難事件に巻き込まれてしま…

全文を読む

「柄刀一」のレビュー・書評をもっと見る

「柄刀一」の本・小説

或るギリシア棺の謎

或るギリシア棺の謎

作家
柄刀一
出版社
光文社
発売日
2021-02-23
ISBN
9784334913861
作品情報を見る
或るエジプト十字架の謎

或るエジプト十字架の謎

作家
柄刀一
出版社
光文社
発売日
2019-05-23
ISBN
9784334912826
作品情報を見る

「柄刀一」人気の作品ランキングをもっと見る

「柄刀一」の関連画像・写真

「柄刀一」の関連画像・写真をもっと見る