読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

南風(みなみ)吹く

南風(みなみ)吹く

南風(みなみ)吹く

作家
森谷明子
出版社
光文社
発売日
2017-07-19
ISBN
9784334911775
amazonで購入する

南風(みなみ)吹く / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

『春や春』の続編かと思ったら同じ俳句甲子園を目指す別の高校の話。瀬戸内海の島の高校はもうすぐ廃校予定で生徒数が極端に少ない、部活をするにも人数が集まらない状態、なんとか部員をかき集め俳句甲子園に出場するため駆け回る日向子、巻き込まれた航太は親の和菓子屋を継ぎたいが人が減っていくこの島でやっていける訳がないので大学へ行って就職をして欲しいと言う、家を継いで欲しい親もいれば島を出て自立して欲しいと願う親がいる、進路や家庭環境に悩みながらも俳句の世界に魅了されていく航太たち、一緒に五七五の世界に入り込みます。

2017/11/21

真理そら

『春や春』と同じ年度の俳句甲子園を愛媛の高校の小さな分校を舞台にした作品。こちらも俳句初心者が集まって俳句甲子園出場のために奮闘する話だが、大会は松山で開催されるので地元の話と言えるかもしれない。『春や春』で舞台になっていた藤が丘女子高校が傍目にはこういう風に見えるのかというような楽しみもある。☆今ここがおれのポジション南風吹く☆こんな句は高校生じゃないと作れないよね。

2020/07/22

さつき

舞台は瀬戸内。数年後に廃校が決まっている分校の高校生が俳句甲子園を目指す物語。家族との葛藤。愛しさと疎ましさ両方がないまぜの故郷への思い。将来への不安。高校生の揺れる気持ちが瑞々しく、自分の気持ちを17文字に込めようと苦心する姿が眩しいです。甲子園だからトーナメント戦を戦うわけですが、俳句は上手い下手ではなく、それまでの体験や、その時の自分の気持ちに合うものにやはり惹かれる。絶対的な正解はないと描かれている所も良かったです。『春や春』のメンバーも登場し、前作も読み返したくなりました。

2017/12/04

ナミのママ

愛媛県の離島、廃校が決まった県立高校の五木分校。その数少ない生徒がギリギリの5人を集めて俳句甲子園にいどむという青春小説です。数年前に過ごした愛媛の島にも廃校が騒がれた分校があり、なんだか他人事とは思えず。共感どころか力いっぱい小説に入り込んでしまいました。とてもさわやかな読後感です。俳句について、まったく知識がなかったですが、読み終えると興味がわいてきます。タイトルも良かったです。

2018/03/06

kotetsupatapata

星★★★★☆ 瀬戸内海に浮かぶ離島の高校生が俳句甲子園を目指す姿を通して、厳しい離島の現実や卒業後の進路に悩む姿にちょっぴり恋模様も描いたなかなか読み応えのある青春王道の作品でした。 俳句ってなかなか馴染みがなかったですが、高校生らしい瑞々しい感性で紡いだ句の数々は、今までの年寄りくさいイメージが一新されました。 ただ、試合合間の道後高校との句会や、中央光高校とのくだりは少し間延びした印象を受けました。 もう少し五木分校の文芸部の成長に頁を割いて欲しかったかな?

2021/02/09

感想・レビューをもっと見る