読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

仮想人生

仮想人生

仮想人生

作家
はあちゅう
出版社
幻冬舎
発売日
2019-01-10
ISBN
9784344034105
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ネットを知り尽くすはあちゅうにしか描けない、SNSでむき出しになる人間の素顔。
衝撃の裏アカウント小説!

現実世界で「普通の人」でいるために裏での息抜きが必要なんだ。

33歳、ユカ、専業主婦。
人材派遣会社を経営する夫の恭平は、いつも帰りが遅い。
一人で過ごす夜に耐え切れず作った、ツイッターの裏アカウント「人妻の美香」。そこから覗く世界には、表では聞けない欲望と愚痴がうずまいていた。
ナンパ師の「圭太 23歳」、ツイッターにアップした絵が突然注目を浴びる大学生「ナオ20歳」、情緒的な恋愛ツイートが人気の「暇な医大生 21歳」、童貞食いを繰り返す「ねね 42歳」。彼らがツイッターの中で少しずつ交わるとき、現実では、恭平が突然姿を消す――。
失敗も、成功も、人生はふとした出来事で変わる。今を生き抜くための必読書!

「仮想人生」のおすすめレビュー

セックスレス人妻、童貞食いを繰り返すOL…SNSの“裏アカ”でむき出しになる人間の素顔

『仮想人生』(はあちゅう/幻冬舎)

 本当の私はどこにいるのだろう。現実世界でつまらない日常を過ごす自分と、ネットの世界で好き勝手な発言ばかり繰り返す自分。どちらが欠けてもきっとうまくいかない。現実とネット、2つの世界があるから生きていける。ネットに精通した現代人の多くはそんな2つの世界を生きることで心のバランスをとっているのではないだろうか。

 大人気ブロガー・はあちゅう氏による最新小説『仮想人生』(幻冬舎)は、そんな、現実世界とネット世界とを行き来する現代人の姿を描き出した衝撃作。現実世界で「普通の人」でいるために必要となる、ネットの世界での息抜き。息抜きだったはずの世界に次第に侵食されていく日常。在学時からブログ本を出版するなどブロガーとして活躍してきた、ネットの世界を知り尽くしたはあちゅう氏だからこそ描けた世界がここにある。

 物語の中心となるのは、専業主婦のユカ、33歳。彼女の夫・恭平は、人材派遣会社を経営しており、帰りがいつも遅い。一人で過ごす時間に耐えきれずに、ユカはツイッターで「人妻の美香」という名の裏アカウントを作成。裏アカウントか…

2019/2/11

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

仮想人生 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

混沌

【時間があればイッキ読み間違いなかった。】平積みになっている書店で目に入り、帯に惹かれた。著者はははちゅう!?小説書いたのか!「ネットを知り尽くすものにしか描けないSNSでむき出しになる人間の素顔。衝撃の裏アカウント小説!」いろいろ勉強になる。ほんとにいろいろ。詳細は秘密。フフフ。ネットでは別人格を演じられる。実は別人格というよりもそっちが本物だったりしてね。ネットに救われたってところ、俺もたくさんあるな。内容が否定的にならないのは、この人ならではだろう。レビューは二極化するだろうと予想しておく。 

2019/01/29

takuya

これは面白かった。登場人物の人生がリアルとSNSでクロスする。裏アカウントでの仮初めの人生ってどんな気持ちになるんだろう?って言う問いに、すごい繊細な感情描写で応えてくれる。はあちゅうの文才恐れ入ったわー。ラストシーンが素晴らしい。

2019/01/11

まどもあぜる

ツイッターで著者をフォローしていると、著者本人が、読んだ感想のツイートをリツイートしていてフィード画面に多数並ぶため、読みたくなって購入。当然悪くない感想についてのリツイートが多く、それをたくさん目にする自分への影響の結果購入したわけだが、この一連の流れがうまいなと思った。裏アカウントを持つ人々のいろいろな心情を描いてる内容は読みやすく時間もかからず読めたけれど、もっともっと深く表現できたんじゃないかと思う部分もあった。大物といわれる作家先生がSNSの世界を体験し、理解した上で描くとどうなるのだろう。

2019/02/12

じらーるぺるご

33歳、専業主婦がツイッターで裏アカをとり、違う人間になって 出会い系で遊びはじめて、出会い、デートし 次はその夫のツイッターでの出会い、ビジネス 次は最初の主婦が出会った男のツイッター話、出会い系話 次は夫の方の出会ったりしている女のそういう系の話… そしてまた主婦の話に戻って… ツイッターや出会い系の言葉や話の教科書的な感じもあり そういう系の情報入手にピッタリでよかったです。 途中から、あまりの内容のなさに飽きてきました。

2019/02/05

まなみ

読みやすかったと思う。もっとドロドロしいのかと思っていたけれど、前向きで爽やかささえあわせ持つ印象。裏アカという現代っぽいテーマのなかで、より色濃く描かれる人とのつながり。お互いにどこか救われたり、救っていたりしながら、その先に自分の生き方をそれぞれ見つけていく前向きさに、はあちゅうさんの価値観が溶け込んでいて面白かった。

2019/01/31

感想・レビューをもっと見る