読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法 (NewsPicks Book)

ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法 (NewsPicks Book)

ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法 (NewsPicks Book)

作家
堀江貴文
出版社
幻冬舎
発売日
2019-07-10
ISBN
9784344034891
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

ホリエモンの禁断の成功術がここに完成!



突き抜けるために必要なのは「実力」よりも「ハッタリ」だ。

SNS時代には無謀な挑戦を掲げること自体が最大の価値になる。



到底、手に負えないことを「できる」とカマす者だけが

最速でチャンスをつかむ!

いまできないことを、できるとカマす勇気を持て! (で、裏で強引に辻褄を合わせる)





若い人に特に伝えたい。

壮大なハッタリに仲間もお金も付いてくる



ライブドア営業利益世界一、フジテレビ買収、衆議院への立候補。

実はどれもうまくいっていない。



しかし、壮大なハッタリに仲間もお金も集まってくる。

宇宙ロケットの成功も、ハッタリからのスタートだった。



これからの時代は、無謀な夢に挑戦する姿勢こそが価値なのだ。

さあ、ハッタリかまして生きていこう。



◆目次

はじめに 挑戦そのものが人と金を魅了する



第1章 労働オワコン時代

労働はオワコン/やらされ仕事では人と金はついてこない/カネは、君と遊びたがっている



第2章 ボケの時代

損得を考えないボケが応援される/スライムを作って億万長者/情報をダダモレさせて心を奪え/カネよりも共感/ほっとけない孫になれ/高速でお金を回せ



第3章 プレゼン術よりハッタリ力

「いいプレゼン」の絶対条件/相手を知ることがすべて/相手の心をつかむハッタリ実例/雑談こそが信頼性を上げる/プレゼン資料はシンプルが一番



第4章 ハッタリ人間が捨てるべき三つのもの

もっともらしい言葉を捨てろ/親の教えを捨てろ/プライドを捨てろ



第5章 ハッタリの後始末

やりながら学べ/パクってパクってパクりまくる/オリジナリティは想像力



第6章 それでもハッタリをかませない良い人な君へ

まずは自分にハッタリをかませ/ノリで動け/ハッタリは「覚悟」という名の「信用」



第7章 「努力」という最大のカラクリ

人生の中の足し算と掛け算「/努力」が楽しくないうちはあまい「/大人」になんてならなくていい



おわりに ハッタリかまして生きていこう

ハッタリの流儀 ソーシャル時代の新貨幣である「影響力」と「信用」を集める方法 (NewsPicks Book) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

あっか

ホリエモン最新刊。ここ最近の著書の中では1番好き!というか思いっきり刺さりました!笑 あーーー小金を追い求めていたからなんか思いきれなくてモヤモヤしていたんだ!と判明&反省しました…多動力やゼロの読後のようなワクワク感です。ツイッターでみんなが呟いているのも納得。なぜハッタリ力ではなくハッタリの流儀なのかも本書を読んで納得。いかにハッタリを言えるか?が大事なんじゃないですもんね。表紙も、何で白いんだろ?と思っていたら、よーく見たらお面でした。笑

2019/07/14

タナカ電子出版

この本は今、この時代をどのように生きるべきかを堀江貴文の流儀で説いた本なっています✨この本は流儀本よりも思想本に近く、堀江貴文の生き方を取り入れたい方に読んで欲しい本です📚勿論、ホリエモンを嫌う読者にはまったくおすすめできません❗この本の読み方としてはjust do it(やってみよう)の項目だけを読み、ひたすら堀江貴文の思想に染まっていく行動をこなしていくだけ👀‼️それだけの本なんです🎵極め付けに最後のページにQRコードでこの本の価値に対し入金ができるページまでもうけています😱💰👛💵

2019/07/10

jammadoibit

まず宣言する、そして必死に有言実行を目指す。ハッタリと言えどただ嘘をつくのでは無く、その時はそうで無い状態でも、あとで帳尻を合わせて真とする。簡単では無いですが時に必要です。。終盤に記載ある、「とは言えハッタリは泥臭い努力を日々やってるからこその基礎があって初めて成り立つ」的な記載が一番腑に落ちました。

2019/07/26

チック君

読了しました。これはおもしろい!サクッと読める!ハッタリをかますとは、いい意味で『それできます!』『それやります!』と手をあげてしまうこと。とにかくトライ・アンド・エラーをし続ける。それはやがて自分にとって大きな糧になる。子供の頃は○○になりたい、○○やりたいと言っていたのに、いざ大人になるとこれが出来なくなっている自分っているなと実感しました。人生は短い、人を揶揄したり、揚げ足をとっていても仕方ないですね!それをしたところでなにも始まらない。主役は自分!

2019/07/13

miyatatsu

確かに堀江氏の考え方にどても賛同はできますし、実際に賛同できる人は大勢いると思いますが、実際に行動に移せるのかはなはだ疑問です。そもそも行動できている人は本書なんて見向きもしないだろうし

2019/07/10

感想・レビューをもっと見る