読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

女の不作法 (幻冬舎文庫)

女の不作法 (幻冬舎文庫)

女の不作法 (幻冬舎文庫)

作家
内館牧子
出版社
幻冬舎
発売日
2021-02-04
ISBN
9784344430556
amazonで購入する Kindle版を購入する

女の不作法 (幻冬舎文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんこ

たくさんの「女の不作法」が紹介されていて、(そうそう)(あるある)と何度も共感しながら読み進めていたのですが、それが続きすぎて疲れてきました。自分にパワーがある時だったら受け入れられることも、気力体力が減退していると逃げ出したくなってきます。内館さんの凄いところは、こうして文章にできること。人に話せること。健全だ。

2022/01/23

かおりん

年代や境遇による違いはあるけどおもしろかった。食事会で飛び入りで人を連れて行く不作法にはへぇ~っと思った。ピヨピヨしゃべる、何言ってるか分からないってのは分かる。自分をけなして自慢するのはあるある。若い人の輪に入りたがるのは格付けにも似てて女の嫌な所がよく分かる。常識や作法は時代によって変わっていってるんだろうけどね。

2022/02/07

kum

自分がされてモヤッとしたことのある不作法もあれば、自分自身がしていて反省させられる不作法もあり。老若男女に聞いて回って書いた本とのことだが、不作法の裏のウラというか、目のつけどころや考察がどれも奥深い。「自信満々すぎる」とか「ちゃんと聞いていない」といった明らかに感じ悪いものもあれば、謙遜とか気遣いに見せかけた不作法というものも確かにある。おごってもらう時の振る舞いについて書かれた「財布を出さない」も面白かった。年代によっても感覚は違うだろうが、その絶妙な駆け引きは永遠のテーマかと思うほど何とも難しい。

2021/08/30

パフちゃん@かのん変更

年齢も境遇も違うから、「そうそう」と思うこともあれば、「それは厳しすぎるだろう」と思うこともあった。若い女性の小さな高い声で早口なのは聞き取りにくいとは思う。日本の女性の声が世界で一番高いとは、納得できる話だ。

2022/01/02

あつこんぐ

お風呂のお供本。群ようこのエッセイが好きな人はこちらも好きなんじゃないかと思います。1つ1つが短くて『私はハッキリ言うよ』は頷きながら読みました。うちの職場にジャイアンのような女性がいて自分よりも弱い立場の人に対するモラハラがすごいのですが、「ハラスメントをする女性には、何か劣等感があるのではないかと考えるようになった」という一文を読んで「なるほど!!」と思いました。最近は彼女がなにか吠えていても「この人満たされてないんだなぁ」と心の中でニヤついてます(意地が悪い(笑))自分の行動も気をつけないとな。

2021/03/10

感想・レビューをもっと見る