読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

愚か者(フリムン)の島

愚か者(フリムン)の島

愚か者(フリムン)の島

作家
乾緑郎
出版社
祥伝社
発売日
2021-01-07
ISBN
9784396636029
amazonで購入する

愚か者(フリムン)の島 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

いつでも母さん

なんだ~これは··って感じ。昨日、今日と私の時間を返してぇが正直なところ(汗)ただただタイトル通りで、どいつもこいつもまったく···妥当な結末かなぁ。で次行きます❗️

2021/01/31

rosetta

★★★★☆ドロドロと醜い人間達がかなり自分の趣味にはハマった。住民が気が触れて殺し合ったと言う伝説を持つフリムン島。江ノ島程の大きさの無人島だと言うがその割には広そうに思えるのは木々が鬱蒼と茂っているせいか。何故かこの島に無人島生活に憧れる連中が集まってくる。逃げてきた殺人者、意識高い系似非ビーガンの不倫カップル、子供の引きこもりに悩む家族、グランピング場を作ろうとする似非セレブ。特に不倫の女とセレブの女が最低にクソ、次いでセレブの部下の奴隷男。もう誰が死んでも寧ろこっちはスッキリするってくらい(笑)

2021/03/23

nukowan

沖縄と思われる南国のさらに無人島で起こったことを告白する「手記」から始まる物語。このあとに起こることを告白で示しておいてから内容があり、読者は今後の展開をある程度予測できるように作られている。/無人島にやってくる幾人かの男女。不倫カップル、逃亡犯など、性格の悪さや人格の酷さなどがわかりやすい。逃亡犯で思い出すのは数年前に整形までした青年。参考書籍に彼の著作が掲載されていてやはりと思ったり。シンプルなストーリーなのに読ませるのはこれは作者の腕なのか。「完全なる首長竜の日」もいつか読んでみようかなぁ。

2021/04/18

ROOM 237

無人島に突然ワケありな人が集まり始めたらそりゃ何か起きますってば系ミステリ。不倫カップル、不登校児のために全て捨ててきた一家、逃亡犯、島買収を目論む女社長、おかしくなり始めたきっかけって何だっけ?ってぐらい軋轢同時多発。シンプルな構成と文章でメッセージ性などもないので気負いなくサクサク読める代わりに特に感動したとか感想もなし。しかし最近の逃亡犯は沖縄周辺に行くのが流行りなのか、市橋達也の事件や是枝監督の「怒り」や桐野夏生「メタボラ」などを思い出す。著者さんのペンネーム、貫井徳郎ファンなのかしら??

2021/02/25

shi-

なんだこれは??本当にろくでもない愚か者の島。 無人島で必死に生きる様を期待してたけど、この人達には生きることに対しての必死さは全くなかった。

2021/04/05

感想・レビューをもっと見る