読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

貴方のために綴る18の物語

貴方のために綴る18の物語

貴方のために綴る18の物語

作家
岡崎琢磨
出版社
祥伝社
発売日
2021-05-12
ISBN
9784396636081
amazonで購入する Kindle版を購入する

貴方のために綴る18の物語 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みかん🍊

駅のホームで突然老紳士に声を掛けられ、1日1話18の物語を読んで簡単な感想を書くだけで合計143万円の報酬を得られるという仕事を持ちかけられる、当然怪しむが今最悪の状態にある主人公は失うものは何もないと好奇心から受け、毎日1話短編を読みむ、ちょっといい話、嫌な話、ミステリーやSFと様々な話を読み進めた先にあったのは、主人公の状況は何となく予想がつくものの短編も楽しめ、全編を通してのミステリーも味わえた、こんなバイトならやってみたいが、多分怪しすぎて断るだろうな、読後感は良い。

2021/06/16

よつば🍀

新感覚ミステリーで楽しめた。主人公は自殺を決意していた赤塚美織。駅のホーム、美織の前に現れた謎の老紳士に「1日1話の短編を読むだけで143万円の報酬を差し上げます」と言うかなり怪しい仕事を持ち掛けられる。読者は美織と共に18話の短編を順に読んで行く展開。各短篇の最後には美織の感想が記載されているが、短いながらも核心を突いていて頷ける。18編はそれぞれ趣が異なり、幸福感を感じる物から、えげつないイヤミス、エロまでと様々で、どの物語もキレがあって面白い。結末予想は付くものの読後感は花丸。「143」なるほどね♡

2021/05/28

早い段階で結末は解ったけど、テンポが良くて最後の伏線回収もきちんとされていて読みやすかった

2021/08/13

さっこ

駅のホームで老紳士から一日一話の短編集を読む仕事を持ちかけられた美織。美織の抱えている苦悩や決意、そして訪れる真相については、想像を超えるものではなかった。短編も極端に振り切れる感じではなかったけど、いろいろな愛の形があった。真相は、それが歪な形であっても美織への確かでまっすぐな愛だと思う。

2021/09/19

hiro

電車へ飛び込み自殺しようとしていた主人公・美織は、老紳士に声をかけられ一旦自殺を思い止まる。その老紳士から仕事を依頼されるが、それは短編小説を一日一話、計十八話を読むと三週間後には百四十三万円の報酬が得られるというものだった。美織が十八話を読んだ後には、何が変わるのだろうかと想像しながら読んだが、2週目の話は自殺しようとしていた女性に読ませるような小説でなく、そのために読み進めようという気持ちは徐々に減って行った。我慢して最後まで読んだが、読み終えても残念ながら期待したようなものを得ることはできなかった。

2021/07/29

感想・レビューをもっと見る