読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

鼻下長紳士回顧録 上 (フィールコミックス)

鼻下長紳士回顧録 上 (フィールコミックス)

鼻下長紳士回顧録 上 (フィールコミックス)

作家
安野モヨコ
出版社
祥伝社
発売日
2015-10-08
ISBN
9784396766566
amazonで購入する Kindle版を購入する

鼻下長紳士回顧録 上 (フィールコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

らむれ

メゾンクローズ×安野モヨコ…!これ以上の組み合わせなんてないわね表情の切り取り方、コスチューム、装飾品…ため息、溜息、はぁああああ!「変態とは 目を閉じて花びんの形を両手で確かめるように 自分の欲望の輪郭をなぞり その正確な形をつきとめた人達のことである」純粋で水晶玉のような欲望その形を知ることはとても難しいわたしの欲望は?どこにある?その形をなぞれる?

2016/01/16

ちゃりんこママ

安野さんを初めて読んだのは「脂肪という名の服を着て」だった。内田春菊さんの「寂しい女は太る」が発刊されてから間が無かったのが「脂肪…」の方が心を抉られましたね。丁度オードゥの「マリークレール」を読んだ後だったから、コレットと栄の遣り取りが面白く感じた。ゾラの「ナナ」は好きじゃなかったけど、もう一度読もうかな。構図が秀逸。漫画のエロティズムってのは露悪じゃないって、指し示してくれる。

2017/06/12

豆乳くま

巴里の娼館『メゾン ド クローズ』モヨコの絵は本当に好き。ペン一本で描いてるのかなぁ?塗り絵みたいで本当にいい。だいたい半裸だけどいやらしさゼロ。変態度もマイルド。羽毛に包まれる絹織物商の話が可愛い。

2016/01/30

kishi

『さくらん』のパリ版のような話なのですが、格段に進化していると思います。独自の演出や語り方、ミニマムで効果的な人物描写など、すごい。

2019/04/13

Bo-he-mian

鹿島茂の「パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ」「パリ、娼婦の街 シャン=ゼリゼ」を元ネタに、19世紀パリの私娼界を描く、安野モヨコ版「昼顔」。登場するオッサン達はみんな変態ってところも「昼顔」っぽいが、ブニュエルのような粘液質な感じはなく、エロティックでもカラっと明るくて美しいのは、やっぱり安野さんの人柄というか性格なんだろうね(笑)。もう何年も前に、上記の本を源泉にマンガ描きますって宣言された時に、どんな感じになるのかと興味津々だったが、さすがどこを切ってもモヨコ節(?)。相変わらず絵も巧い~!

2019/02/06

感想・レビューをもっと見る