読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

文豪の死に様

文豪の死に様

文豪の死に様

作家
門賀美央子
出版社
誠文堂新光社
発売日
2020-11-05
ISBN
9784416519493
amazonで購入する Kindle版を購入する

文豪の死に様 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

trazom

樋口一葉/二葉亭四迷/森鴎外/有島武郎/芥川龍之介/梶井基次郎/小林多喜二/岡本かの子/林芙美子/永井荷風の十人。「一死因一文豪」のルールらしい。「死に様」と言うが、内容は「生き様」を鋭く分析。思い付きの感想ではなく、各文豪の文章をもとにプロファイリングするという手法に納得感があり、著者独特の視点がとても面白い。檸檬を置き去りにして小説で告白する梶井基次郎は現代のバカッターと一緒とか、小林多喜二のタキへの愛情は「己のヒロイズムのために利用しただけ」など、(賛同するか否かは別にして)新鮮な指摘ではある。

2020/12/21

のり

文豪と呼ばれる人達の人生と最期。思ってたイメージと違ったり、笑えるし、これ、本当に面白い!梶井基次郎なんて、まさにその通り!でも、昔の作家って、自分の人生や思いをすぐ小説や文章、手紙に遺しているから、こうやって後世にも残るんだなぁ。破天荒出し、あからさまに揉めるし、借金するし浮気するし、死んじゃうし…。岡本かの子の生き方は女として理想なのかもね。でもさ…やっぱりみんな…変人だよなぁ。続編、出て欲しいな、読んで良かった。

2020/12/20

ロア ※設定変更忘れるな自分

樋口一葉・二葉亭四迷・森鴎外・有島武郎・芥川龍之介・梶井基次郎・小林多喜二・岡本かの子・林芙美子・永井荷風・対談:京極夏彦

2021/03/06

みっふぃー

最初の樋口一葉がわたしには合わなくて全部読めませんでした。気になるところから読めばよかったかな。

2021/01/31

みいやん

予想していたよりおもしろかった。

2021/01/07

感想・レビューをもっと見る