読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~"運命の彼"にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則

大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~"運命の彼"にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則

大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~"運命の彼"にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則

作家
神崎メリ
出版社
大和書房
発売日
2019-09-13
ISBN
9784479772200
amazonで購入する Kindle版を購入する

「大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~"運命の彼"にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則」の関連記事

電撃婚を叶える女になるヒント『大好きな彼の「ド本命」になる♡「魔法のメス力」を使って幸せをつかむ方法』⑲

『「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! ”最後の恋”を”最高の結婚”にする 魔法の「メス力」』、『大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~”運命の彼”にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則』(大和書房)に続き2月20日には待望の新刊『ど本命の彼から追われ、告られ、秒でプロポーズされる! 秘密のメス力LESSON』(SBクリエイティブ)が発売になった神崎メリさん。今回は“電撃婚”をテーマにしてお届けします。

第19回 電撃婚を叶える女になるヒント

 神崎メリです。  前回バレンタインで「重い女」と「感動させる女」の違いについて書きましたが、イベントで感動させる女というのは、簡単に言うと、普段、男性の征服欲を120%満たさない女のことなのです。

 では今回は、何をされると男性が「この女、俺にベタ惚れだな!」と征服欲パンパン満腹状態になり、彼女を追い求める気が失せてしまうのか?お伝えしていこうと思います。

◇自分の行動をまるっと報連相する女

 恋愛で女性がしてしまいがちな重い行動1位は、その日あった自分の行動をいちいちLINEで報告す…

2020/2/21

全文を読む

バレンタインで重い女と感動させる女の違い『大好きな彼の「ド本命」になる♡「魔法のメス力」を使って幸せをつかむ方法』⑱

『「恋愛地獄」、「婚活疲れ」とはもうサヨナラ! ”最後の恋”を”最高の結婚”にする 魔法の「メス力」』、『大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~”運命の彼”にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則』(大和書房)に続き2月20日には待望の新刊『ど本命の彼から追われ、告られ、秒でプロポーズされる! 秘密のメス力LESSON』(SBクリエイティブ)が発売になる神崎メリさん。今回はバレンタインがテーマでお届けします。

第18回 バレンタインで重い女と感動させる女の違い

 こんにちは神崎メリです。

 毎年バレンタインシーズンになると、読者さまから「『メス力』的バレンタインを教えてください!」「彼氏に日ごろの感謝を伝えたいのですが 何をあげるのがベストですか?」というご質問が殺到します。

 その都度「バレンタインに気合いを入れると逆効果ですよ! 肩の力が抜けたお安めなチョコでもいいんですよ!」とお伝えしてきましたが、「でもバレンタインに気合いを入れないだなんて… …彼に変に思われたらどうしよう!」「スルーなんて絶対に無理!」という不安が拭えないよ…

2020/2/14

全文を読む

関連記事をもっと見る

大好きな人の「ど本命」になるLOVEルール~"運命の彼"にめぐり逢い、ずーーーっと愛され続けるための秘密の法則 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

りりあん

女性の気持ちに寄り添ってノリよく書いてはあるけれど、意外?に古風というか、昔ながらの恋愛アドバイスだった。ルールズの現代語訳とでもいった雰囲気。 女性もある程度自立できる経済力があるなら、スリルやときめきを楽しむ恋愛をするのもいい。ただ、そういったものに疲れて、結婚に結びつくような安定的な恋愛がしたいと考えている人にいいと思う。

2020/08/02

chisato

勉強になる、クラッシャーにならない。酔っちゃったっていう。ぷんぷん怒る。ラインは翌日の昼まで返さない

2020/01/14

さみこっこ

愛の伝道師神崎メリさんのハウツー本2冊目。現在好きな人もお相手もいない中読んでいるので実践はできないのが残念な限り。日本人男性の心を知り尽くしているように思う。

2019/09/20

gyosyu

失恋しそうなところ、薦められて読みました。自分が不安でヒステリックなド本命クラッシャーということが分かった。例え彼の本命になろうとも、その後に勝手に不安になって、被害妄想してたら、振られる。自分の過去の恋愛がなぜダメだったのか、よく分かった1冊でした。

2019/10/09

宮部颯希

二十歳前にこの本に出会えて本当によかった。

2020/02/16

感想・レビューをもっと見る