読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

紙魚の手帖Vol.02

紙魚の手帖Vol.02

紙魚の手帖Vol.02

作家
米澤穂信
酉島伝法
倉知 淳ほか
出版社
東京創元社
発売日
2021-12-09
ISBN
9784488031077
amazonで購入する Kindle版を購入する

紙魚の手帖Vol.02 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

中原れい

とりあえず目当ての『羅馬ジェラートの謎』読めた!三日もかかってしまった、なんてことだ煤払いがいけない…(つoT)起こる出来事の無駄のなさ、そのつながり方に即座に気づいてしまう、とうてい小市民にはなれない2人。解説で明かされるさらなる仕掛けも楽しい、おそるべき短編だ。せっかくのジェラートが残念だったねえ、でも復讐しないように常五郎への嫌味程度で間に合わせてね、ゆきちゃん💦

2021/12/29

ツバサ

米澤穂信先生の小市民シリーズが大本命でしたが、大満足のミステリーでした。最初から最後まで隙のない感じでしたが、時折ユーモアが挟まっている余裕も良かった。新人賞作品はオチが弱かったかなと。京都と本格ミステリーが絡み合っていた431秒後の殺人はトリックや捜査に力が入っていて力作でした。

2021/12/31

まさ☆( ^ω^ )♬

創元社の新しい文芸誌の第2号。1号と比べて急に分厚くなった!面白い短編が沢山収録されていて楽しめました。自分で選ばないようなジャンルの短編や、全然知らない作家さんの短編が読めて、新たな世界が広がります。定期購読しようかしら。

2022/01/11

感想・レビューをもっと見る