読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

藤田晋の仕事学 (日経ビジネス人文庫)

藤田晋の仕事学 (日経ビジネス人文庫)

藤田晋の仕事学 (日経ビジネス人文庫)

作家
藤田晋
出版社
日本経済新聞出版社
発売日
2014-11-05
ISBN
9784532197483
amazonで購入する

藤田晋の仕事学 (日経ビジネス人文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

福守 鴻人

新人時代に読めて良かったと思える本。同期というのはある種の幻想で、スタート時点で既に差が付いているというのは目ウロコだったが腑に落ちたし、今の自分の能力・立ち位置を客観視して自分で自分を絶対評価できるような人になりたいと思った。「若さを隠せ」というのも良かった。自分は「まだ新人なんで~」みたいなことを口走ったことがあったが、完全に逃げの姿勢であったと反省した。楽観と悲観を繰り返している人は二流のところではアランの言葉を思い出した。読みながら今の自分の反省点が洗い出せた。行動に繋げなければ意味がないが。

2018/09/15

ザビ

若いベンチャー経営者なのでかなりハードなものを予想していたが、思った以上にオーソドックスな内容で穏やかに読める。ー結果を出すには場数ーできる人より志の高い人ー会社の明日を考える「あした会議」ー成功の条件は批判と孤独に強いー新規事業は最初の9ヶ月で月額500万の粗利、ダメなら撤退ー伸びてる分野をみつけて良い人材アサインが成功法ー優れたマネジメントはまずは環境を整えるー合宿では日常を離れ中長期的視点でビジネスを考える機会に…クスッとしたのは「麻雀はビジネスセンスを磨ける」でした。僕も好きなので。

2019/06/07

まえむき

会社に勤めている人にはすごく役に立つ本です。実戦的な身の処しかたを教えてくれます。相手の立場に立って考えるとわかる、というくだりがよく出てきますが、まさにその通りですね。

2015/02/17

yahiro

おそらく意識してなのだろうとは思いますが、起業家でも、普通のサラリーマンでも活用できるように、かなりオーソドックスな内容が書かれています。もちろんなかには「これは参考にできないな」と感じるところもなくはないのですが、メンタリティについては参考になります。

2019/07/14

chikage★

藤田さん、大きな会社を束ねる社長さんなのに変に威張っていなくて、どこか親近感を沸かせるような印象を持った。さらっと自分の経験談を書いているけど、やっていることはかなり我慢や耐性が必要なことばかりだった。決意とか目標みたいな未来ベースの考え方がしっかりしているんだろうな〜と思いました!

2015/11/10

感想・レビューをもっと見る