読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

年収200万円でもたのしく暮らせます コロナ恐慌を生き抜く経済学 (PHPビジネス新書)

年収200万円でもたのしく暮らせます コロナ恐慌を生き抜く経済学 (PHPビジネス新書)

年収200万円でもたのしく暮らせます コロナ恐慌を生き抜く経済学 (PHPビジネス新書)

作家
森永卓郎
出版社
PHP研究所
発売日
2020-07-08
ISBN
9784569847269
amazonで購入する Kindle版を購入する

年収200万円でもたのしく暮らせます コロナ恐慌を生き抜く経済学 (PHPビジネス新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

K1

ポストコロナの世界とはー東京(都会の代名詞)を離れてトカイナカ生活を始め、年収200万円でも豊かに暮らしていける生活を確立することご求められている。本業はリモートで行い、空いた時間に農業をやったり、自分の趣味に没頭する。となると、リモートで年収200万円稼げる仕事を探さないと・・・って、どんな仕事?

2020/08/16

きみたけ

著者は経済アナリストの森永卓郎。コロナショックを受け、これからの日本経済がどう変わってゆくのかを大胆予測。また、新型コロナに対する政府の政策初動の遅さを指摘したり、テレビに比べラジオは権力に忖度していない等、森永節も随所に見られ面白いです。著者は都会暮らしから「トカイナカ」の暮らしへの移行を勧めていますが、何を隠そう森永さんの住むトカイナカはわたしの実家のすぐ近所だったりします😆納得。

2020/10/21

ミッキーの父ちゃん

色々と参考になる話もあったけど、年収200万円で暮らす具体策は一言も書かれていないので、ある種のタイトル詐欺だと言う気がする…

2021/03/21

チョビ

私はこれではたのしく過ごせない。生活レベルの知恵はいまでもやってるもん。実はそのくらいみみっちいし、いちばん効果的にものは初期費用がバカ高い。それを200万の人にやれというのはちっとも現実味がない。多分一般のサラリーマンがこれでは本当に不安だと思う。実際人材整理が始まってるし。著者曰く「東京の地価は下がる」らしいが、じつは東京某住宅地の築12年のマンションが買い値の+400万になってるんですよ…。今売った方がいいのかな???実際は住めるならどんな時代になろうと都心に住みたいんではない?どうです?

2021/01/31

伊達酔狂

☆☆☆☆

2021/04/24

感想・レビューをもっと見る