読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

トラベル・ミステリー聖地巡礼 (双葉文庫)

トラベル・ミステリー聖地巡礼 (双葉文庫)

トラベル・ミステリー聖地巡礼 (双葉文庫)

作家
佳多山大地
出版社
双葉社
発売日
2019-09-11
ISBN
9784575714807
amazonで購入する Kindle版を購入する

トラベル・ミステリー聖地巡礼 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

HANA

かつて一世を風靡したトラベル・ミステリー。鉄道を中心にその舞台となった土地を訪ねた一冊。内田康夫が亡くなりいまや西村京太郎一人が気炎を吐いているこのジャンルだけど、このように紹介されるとやはり独特の魅力を持っていた事が再確認できる。子供の頃内田康夫を読み込んだ身としては、そこはかとない懐かしさも感じたり。しかし乱歩から新しくは島田荘司、有栖川有栖まで鉄道とミステリを組み合わせるとやはり独特の味があるなあ。最近時刻表ミステリはほとんどお目にかからないけど…。あと著者の乗り鉄っぷりもいい味を出していました。

2019/11/21

http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2020/04/post-c8c82c.html

2020/04/26

Yuki

トラベル・ミステリーの現場を行くコラム集。近いものには有栖川有栖「作家の犯行現場」という本が以前あったが、こちらはほんとの聖地巡礼。乗り鉄とミステリの蘊蓄の案配がよく、あらすじの紹介も巧み。未読だらけのトラベルミステリを探して読みたくなる。未読の小説に挑む合間にちょうどいい刺激を受ける本だった。

2019/09/27

浅木原

商業的には80~90年代のミステリーの中心だったのに、ミステリー史ではほとんど無かったことのように等閑視されるトラベルミステリー。メインは聖地巡礼エッセイだけど、トラベルミステリーの定義と現代までの歴史が(明らかに本格サイド視点からの史観ではあるけど)オマケの小論とはいえコンパクトにまとめられているのがポイント。異論反論を述べる余地も含めて価値があると思う。本編の聖地巡礼エッセイでは『空白の起点』の犯行現場探しと、『押絵と旅する男』の「山間の小駅」探しの回が白眉。既読率は9/18なのでいい方かしら?

2019/09/24

風鈴

昔読んだトラベルミステリーもちらほらあって懐かしくもなりました。鳥取駅とか明石駅とか移情閣とかは身近ですし。出雲伝説~とか寝台特急~とか面白かったです。ブラックスワンとマジックミラーは印象的でしたね。幽霊列車とか後鳥羽伝説~なんかは読んだの中学時代かなぁ。今どこにあるんだろ。蔵書が増えると行方がわからない本も増えるし、取るのもしんどいです(苦笑)

2019/10/02

感想・レビューをもっと見る