読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

山猫珈琲 上巻 (双葉文庫)

山猫珈琲 上巻 (双葉文庫)

山猫珈琲 上巻 (双葉文庫)

作家
湊かなえ
出版社
双葉社
発売日
2019-12-11
ISBN
9784575714821
amazonで購入する

「山猫珈琲 上巻 (双葉文庫)」のおすすめレビュー

未発表作品も収録! 湊かなえの源泉に触れられるエッセイ集『山猫珈琲』がついに文庫化

『山猫珈琲』(湊かなえ/双葉社)

 単行本と文庫本合わせた累計部数は358.7万部。松たか子主演で映画化されたデビュー作『告白』をはじめ、湊かなえさんの小説が軒並み映像化され、国内にとどまらず海を越えて支持されるのは、そこに「人間」が描かれているからだと思う。優しくされて嬉しいとか、蔑ろにされて苦しかったとか、誰もが抱くシンプルな感情がちょっとした捻れで幸福にも悲劇にも変わる。その危うさが他人事ではない形で描かれているから「自分も、あの人も、もしかしたら」と思いながら読者は夢中になって読んでしまう。そんな作品の源泉に触れることができるのが、デビュー10周年を記念して刊行されたエッセイ『山猫珈琲』(双葉社)だ。

 たとえば、「三種の神器」の話。27歳のとき、赴任した淡路島で地元の男性と結婚した湊さん。実家は県外、友人・知人もいないなかで、最初のころは三日に一度は泣いていたが、30歳を過ぎたある日、1年泣いていないことに気づいたという。それは「聞き流す」「やり過ごす」「なかったことにする」という技(三種の神器)が身についたからというエピソードには多くの…

2020/1/6

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

山猫珈琲 上巻 (双葉文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

のぶ

エッセイで上下巻に分冊されている本は珍しいが、とりあえず上巻を読んでみた。湊さんのデビューから10年間に各紙に書かれたものを集めたもの。それぞれが2ページ程度で収められているので、ちょっとした時間を潰すのにちょうどいい。この種のエッセイにありがちな重複している部分も目立つが、文章は日頃の毒気を含んだ小説とは違い、柔らかい印象を受けた。淡路島に住むごく普通の主婦が、作家としてデビューする過程がわかり興味深かった。それと事実は書いているが、自分の考えをあまり述べていない気がする。続いて下巻に入ります。

2020/02/21

Junichi Yamaguchi

『淡路島』… 山、猫、珈琲。 著者の好きなものらしい。 とても読みやすいエッセイ。 下巻では、より淡路島に親近感を覚えるのかな? 期待して(下へ)。。

2020/01/31

ぐっち

湊かなえさんといえば、表紙暗め・深層をえぐるイメージだったので、この本が単行本で出たとき、かけ離れすぎた猫イラストにびっくり。読もうか迷ったまま文庫化したのでこの機に。淡路島で暮らすまじめ主婦の日常という感じで、内容も作品からかけ離れて平和だ。淡路島行きたい。鱧食べたい…。←文中で編集者さんに「…」を使うなと言われて、「…」の部分を言葉にするとより深い表現になるという話があって、なるほどなと。→鱧食べたいけど淡路島は遠い。学生時代(関西に住んでた)に行っておけばよかったなあ、ってところかな?深くないな。

2019/12/28

ぺんぎん

湊さんのエッセイ。結構アクティブな人で自転車旅行や青年海外協力隊などなかなかマネ出来ないよなぁと思いながら読み進めた。淡路島や因島、島の魅力も雰囲気があって良い。

2020/02/14

ロビニスタ

湊さんのエッセイ。湊ファンでないどころか湊さんを知らない人等、どんな人が読むか解らない新聞での連載を纏めたものだから仕方ないんだろうけど、どれも当たり障りない内容と淡路島の良い所話が殆どで、さらに何紙かでの連載を10年分だから重複してる内容もあって、少々退屈でした(笑)それでも、あの作品の設定はここから閃いたのかなとか、あのシーンはこの体験からきてるのか!とか、ニヤリとできるところも沢山。とりあえず湊さんが、あんなふにゃっとした印象と違って物凄いアクティブな人で、とても食いしん坊だという事は解った(笑)

2020/01/27

感想・レビューをもっと見る