読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか (平凡社新書)

虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか (平凡社新書)

虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか (平凡社新書)

作家
石井光太
出版社
平凡社
発売日
2019-05-17
ISBN
9784582859119
amazonで購入する Kindle版を購入する

「虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか (平凡社新書)」のおすすめレビュー

凶悪犯罪に手を染める少年少女には共通点が――。虐待された彼らはなぜ事件を起こしたのか?

『虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか』(石井光太/平凡社)

 凶悪な少年犯罪に対して、厳罰化を求める声が強くなって久しい。そのような世論に応える形で2014年には少年法が改正され、18歳未満の少年に対する有期懲役の上限が15年から20年に、不定期刑も5~10年から10~15年に引き上げられた。

 もっとも、一般的な世間の印象とは違い、少年の凶悪犯罪の件数そのものは1950年代半ばから60年頃をピークに激減している。ただ、再犯の割合は少しだが増加している。つまり、全体的には減少していながら、同一人物が再犯する傾向にあるのだ。そして、再犯を繰り返す少年少女の多くは、幼少期に虐待を受けたり、劣悪な環境で育ってきたことが明らかになってきた。

 そんな、少年犯罪と児童虐待の因果関係について深く踏み込んだルポルタージュが『虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか』(石井光太/平凡社)だ。ノンフィクション作家で小説家でもある著者には、『43回の殺意』(双葉社)や『漂流児童』(潮出版社)など、本書と近接したテーマの著書も多い。

■凶悪事件を起こす少年少女の育った…

2019/10/7

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

虐待された少年はなぜ、事件を起こしたのか (平凡社新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥)

石井さんのルポはいつも重たくつらい。殺人、暴行、薬物中毒。少年少女達はなぜ犯罪を犯したのか?これまで、不幸な家庭環境が原因だという弁護を聞くたびに、いくら不幸な家庭とはいえ善悪の判断くらいはできるだろうと思っていたが、彼等のインタビューを読むうちに、必ずしもそうとは思えなくなった。物心つく前から暴行、ネグレクトを受け続けた彼らには「悪いこと」を学ぶ機会さえなかったのだ。絶望的な中で、最終章でまさに人生の全てを注ぎ込んで更生保護施設を営んでいる人々がいる事を知り感銘を受けた。五つ星です。★★★★★

2019/08/29

こばまり

虐待と少年犯罪の因果関係にも、矯正教育のシステムエラーにも暗澹たる気持ちになる。一筋の光明を見るが、やはりそこには人生を捧げたカリスマの存在がある。それにしても著者の多作に驚く。もはやユニット名なのではと思ってしまう。

2019/08/03

キムチ27

やはり、凄い!石井さんの筆力、取材力に脱帽だ。統計から分析し、状況を具に語り、取材の裏から見えてきた当事者と周囲の人々への視線が柔らかく、時には鋭い。6章の構成、証を重ねるごとに重みが増し、加害者被害者の生の声、更生に関わる人の沈痛だが重い叫びがビシビシ聞こえてくる。2000年以降、掘り下げが進んでいっている発達障害を巡る思考のブレ、性犯罪、ドラッグ。社会問題化した事件の根に有るマグマは決して単一の原因があるのではなく種々に錯綜した事実が絡まっていることを嫌というほどに突き付けられる。

2019/12/07

skunk_c

幼少時から孤立し、虐げられ、痛めつけられたこどもの精神が何を引き起こし、それがどんな結果をもたらし、それを再生産しないためにはどうしたら良いのか。この難しい問いに正面から向き合った書だ。関係者のインタビューから浮かび上がるのは、この問がとてつもない難問であり、容易に答えが出ないということ。少年院などの職員や関係者は一所懸命努力しているが、最終的に必要になるのは、ひとりひとりのこどもとの信頼関係を如何に作るかということか。罪を犯した者を社会が受け入れる難しさは、その関係性にまで意識が及ばないことか。重い。

2020/04/20

Miyuki Usa

石井光太さんのルポは、事件の事実を事実として著し、そこへ至った根本的な原因を追求するためにあらゆる角度から現場やインタビューや考察を曲解せず積み重ねる。その真摯な姿勢のおかげで、こちらも真っ直ぐに事態を見据えて考えることができる。一朝一夕に答えの出る問題ではないし、繰り返されることに胸が痛むが、人の過ちは人によって軌道修正されたり氷解してゆくのだなぁと。わずかの光を灯す尽力する人々と、その手綱を掴む人の力を応援したい気持ちになるとともに、やはり、物を知ること、人を理解しようとすることが大事だと思う。

2019/09/28

感想・レビューをもっと見る