読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ワタシの川原泉V 笑う大天使 (花とゆめコミックス)

ワタシの川原泉V 笑う大天使 (花とゆめコミックス)

ワタシの川原泉V 笑う大天使 (花とゆめコミックス)

作家
川原泉
出版社
白泉社
発売日
2017-07-05
ISBN
9784592218241
amazonで購入する

「ワタシの川原泉V 笑う大天使 (花とゆめコミックス)」の関連記事

私の愛する川原泉作品ランキングを発表! 輝く1位はやはりあの作品!?

 現在発売中の『ダ・ヴィンチ』8月号は、川原泉大特集をお届け。特集に際し、ファンアンケートを実施。好きな作品ランキングと、川原作品との出会いについて、本誌でご紹介できなかった熱い声の一部をお送りします!

 

Q)好きな川原泉作品ランキング!

■1位 笑う大天使 本編はもちろんのこと、番外編の3作品がとても好きです。特に史緒さんと一臣さんの関係がとてもいい。既存の兄妹と言う関係にとらわれるのではなく、史緒と一臣の関係はこうだな、というか。他人との関係なんて一般化されるものではなく、本当はそれぞれ個別具体的な唯一のものなのにな、と思いました(34・女性)

■2位 銀のロマンティック…わはは フィギュアの走りともいうべき作品。適材適所ということ、努力してもどうにもならないことがある、ということ。たった一度のためにすべてを投じて惜しくないと思うことがあること……。二人が笑いながら滑っているところで、バスタ大ルが絞れるほど号泣しました。当時、自分も新体操で挫折したばかりだったので。

■3位 メイプル戦記 甲子園~の続編として、これまでのキャラクターの多彩さ…

2017/7/18

全文を読む

関連記事をもっと見る

ワタシの川原泉V 笑う大天使 (花とゆめコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

文庫フリーク@灯れ松明の火

コミックは持っている。どの段ボール箱に入っているか分からないだけで。でもこのサイズで読者のコメントが入り、インタビューまで収録となれば買うしかあるまい。名門お嬢様学園で、特大の猫を被って周囲に溶け込む3人の少女。史緒がアジの開きを咥えて、探しにきた柚子・和音に振り返るシーンは分かっていても笑ってしまう。ああ「オペラ座の怪人」が読みたくなってきた。「空色の革命」「夢だっていいじゃない」も。およそ30年近く前の作品だけれど、未だカーラ教授こそ私の【レナード現象】です。大好き!

2017/07/10

鱒子

友人本。カーラ教授の代表作。古い作品ですが、今読み返しても面白い!お嬢様学校に通う毛色の変わった3人娘(コロボックル、ケンシロウ、オスカル)の大活躍です。ああ〜かわいい、楽しい、懐かしい。ダミアン、犬はチョコも骨つきチキンも食べちゃダメなんだぞ!幸せなエンディングにニコニコします。続きの短編も読みたい。

2019/02/11

hnzwd

歴代少女漫画で一番お気に入りかも。色々な作品がある中でもユーモアとストーリーのバランスが良く、少女漫画の枠には収まらない作品。哲学よりな発言をさせたりとか、もともと変わった作品が多めな方ではあるのですが、、これはまだわかりやすい方?番外編は載ってないですが、そちらも読むと作品世界が補完されるので、気に入った方はぜひ。

2017/07/16

のんすけ

持っててもまた買ってしまう恐ろしいマジック。この頃の川原泉さん、最高に好きだったな。

2017/07/15

ネムコ

川原作品の長編で代表作といえばこれでしょう。久しぶりに一気読み。楽しかった~。そしてラストシーンでは、悲しくもないのにポロリと涙が。何だろうなー、この独特なホロリが川原さんだけの持ち味なんですよね。思わず勢いがついて「笑う大天使」関連の短編を読み漁っています(笑)

2017/07/09

感想・レビューをもっと見る