読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

ダ・フォース 下 (ハーパーBOOKS)

ダ・フォース 下 (ハーパーBOOKS)

ダ・フォース 下 (ハーパーBOOKS)

作家
ドン・ウィンズロウ
田口俊樹
出版社
ハーパーコリンズ・ ジャパン
発売日
2018-03-26
ISBN
9784596550828
amazonで購入する Kindle版を購入する

「ダ・フォース 下 (ハーパーBOOKS)」のおすすめレビュー

悪徳警官の転落劇が、なぜここまで切ないのか…! 圧巻の血みどろノワール『ダ・フォース』が話題!

『ダ・フォース(上・下)』 (ドン・ウィンズロウ:著、田口俊樹:訳/ハーパーコリンズ・ジャパン)

 パワハラ、わいせつ行為、横領……。警察官の不祥事は、今も昔も後を絶たない。だがフィクションとはいえ、この男ほどの悪徳警官はそういないだろう。ニューヨーク市警のエリート特捜部“ダ・フォース”を率いるマローンは、市民のヒーローであり刑事の王。麻薬や銃が引き起こす凶悪犯罪を日夜取り締まり、ニューヨークの街に睨みをきかせている。だがその反面、マフィアと通じたり、検事を買収したりとやりたい放題。挙句の果てに、麻薬工場の手入れでは組織のドンを撃ち殺し、50キロものヘロインを着服する。……並みのマフィアより悪いじゃないか。

 本作『ダ・フォース(上・下)』(ドン・ウィンズロウ:著、田口俊樹:訳/ハーパーコリンズ・ジャパン)は、そんなマローンが監獄に囚われているシーンから幕を開ける。英雄は、なぜその座を追われたのか。どのようにして悪事が明るみに出たのか。汚れた警官が転落する過程が、徐々にあぶり出されていく。

 マローンの悪行は、到底許されることではない。嫌悪感を抱く人…

2018/9/3

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

「ダ・フォース 下 (ハーパーBOOKS)」の関連記事

警察とヤクザはズブズブ? 元捜査一課課長×元麻薬取締官×犯罪ジャーナリスト座談会!

 ニューヨーク市警の中で、麻薬や銃による犯罪を取り締まるエリート特捜部、通称「ダ・フォース」。そのトップに君臨する刑事デニー・マローンは、市民のヒーローであり、街を統べる刑事の王だった。しかし、ドミニカ人麻薬組織の手入れの際に取ったある行動を機に、転落の一途をたどりはじめる──。

 緻密な取材に基づき、フィクションでありながら圧倒的なリアリティで“堕ちた刑事”を描いたドン・ウィンズロウの『ダ・フォース』が発売された。スティーブン・キングが「警察版ゴッドファーザー」と激賞し、リドリー・スコット製作による映画化も決定した同作を“犯罪のプロ”はどう読み解くのか。元捜査一課課長、元麻薬取締官、犯罪ジャーナリストによる「実録アンダーグラウンド座談会」で、麻薬捜査、警察汚職の裏側に迫る!

『ダ・フォース』(上・下)(ドン・ウィンズロウ:著 田口俊樹:訳 ハーパーコリンズ・ジャパン)

左から 元千葉県警察 刑事課長(警部)・刑事部捜査第一課特殊班長 田野重徳さん 元厚生労働省麻薬取締官 高濱良次さん ジャーナリスト・銃器評論家・作家・プロデューサー 津田哲也さん

2018/6/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

ダ・フォース 下 (ハーパーBOOKS) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

W-G

堪能した。最後の方でマローンが自己正当化くさい独白かますのだけは少し株を下げてしまったけれども、下巻に入って展開もスピードアップし、色々な思惑が錯綜してきて、本当に一気読みだった。久々の濃くて重たい警察小説。こういうタイプの主人公はやはり日本人ではハマラない。特にFBIサイドの動きが面白く、人の気も知らず好きなようにかき回して、一瞬で手のひら返すその様が、物語を一層スリリングにしてくれる。『犬の力』『カルテル』を読まずにこの作品から入ったのも良かったかも。遡って次は『犬の力』に行く。

2018/04/20

starbro

上下巻、1000P弱、完読しました。ノンフィクションのような悪徳警官腐敗の物語、かなりリアリティがあります。以前に比べてNYの治安が良くなったと報道されていますが、日本とは、かなりのギャップがあります。原住民の土地を強奪し、成立した世界最強のならず者国家、銃も麻薬もギャングも悪徳警官も撲滅出来そうにありません。何と言っても大統領がジャイアンではねぇ(笑)

2018/06/11

遥かなる想い

下巻に入り、トーレス刑事の自殺から 物語は 加速する。麻薬と暴力の街 ニューヨークでの危険な賭けが続く… マローンは何をしようと しているのか? 警察官の矜持のようなものが ほとばしる。 FBI,マフィアの思惑が 見え隠れする中で、 マローンが行き着いたところは… 裏切りと 殺戮の果てに 行き着いたところは、 哀しいほど 誇りに満ちた、生き方だった。

2018/12/31

🅼🆈½ ユニス™

存在する事に意味を探せないままこの世界に遺棄された人間じゃなく、自身の存在意味を自らの決断によって創造させる運命の人間、まさしく実存主義人間像マローンの事だ❗️“我々の始まりは我々の終わりを意味してるわけじゃない。我々の純粋さと堕落を天秤にかけるな!ただこの仕事を愛しただけだった“ 英雄はそう言いながら悠々と退場する。ウィンスローは人生の洞察を文脈のあちこちに加えながらも‘行き過ぎ’の線を絶対に越えない。警察世界の描写が迫真な理由は5年以上も数十名の警察を取材したおかげだろう❗️凄い作品だった。★5❗️

2018/10/20

ゆのん

悪徳警官マローン。いったいどこまで堕ちるのか。これまでの行いの天罰は下るのか。マローンの苛立ちや恐怖がこれでもかと襲ってくる。先が知りたくてどんどん進んでしまう。どこかで救いがあるのではないかと少しの期待をしながら。ラストまで読み終えて、この結末しかないと納得。警察という仕事を愛し、家族を愛し、仲間を愛したマローン。決して踏み越えてはならない一線があり、そこを越えたら戻れない地獄なんだとがんじがらめになるまで気がつかない愚かで悲しい、そんなラストだった。

2018/09/17

感想・レビューをもっと見る