読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

尼子姫十勇士

尼子姫十勇士

尼子姫十勇士

作家
諸田玲子
出版社
毎日新聞出版
発売日
2019-03-15
ISBN
9784620108407
amazonで購入する Kindle版を購入する

尼子姫十勇士 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

信兵衛

諸田さん初のファンタジーな歴史絵巻と聞いて期待したのですが、今ひとつ楽しめなかった、というのが正直な感想。

2019/08/31

史実を基にファンタジー要素を絡めた作品。男女の情も含め、やや物足りない印象もあったけど終わり方はとても綺麗でした

2019/04/15

aloha0307

ひと時は出雲を制圧しかけた尼子氏 新宮党が派生し、一族が結束出来なかったところに毛利元就に屈した...というのがmy歴史観であったが、その後の物語があったのだ。ひとりの姫をきっかけに滅びゆく尼子氏の足跡を辿りながら、出雲神話や風土記伝説を取り入れた、諧謔味を湛えながらもとても哀しい物語でした。黄泉の国での対決など、ファンタジーもありましたが、物語の根幹がしっかりしており気にはなりませんでした。P.S.なんで本書は読メ上 ページ数ゼロなのでしょうか??

2019/03/30

まゆっち

尼子の話は珍しいのと十勇士という面白い切り口で気になり購入しました。面白かったけれど、ちょっと思っていたイメージとは違う話でした。スセリと鹿助がメイン?

2019/05/03

clearfield

名前を聞いたことはあるけれどそれだけだった戦国大名、諸田さんは目の付け所が良い、でも期待していたものとはちょっと違っていました、諸田さんの平安期の作品のようなコミカルな感じと戦記物には不要な程の女性の登場、諸田さんだから女性が主人公は全然違和感はないのですが残念な部分が多い、新聞や週刊誌連載作品はこうなってしまうのも仕方がないのか

2019/04/20

感想・レビューをもっと見る