読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

夜と霧 新版

夜と霧 新版

夜と霧 新版

作家
ヴィクトール・E・フランクル
池田香代子
出版社
みすず書房
発売日
2002-11-06
ISBN
9784622039709
amazonで購入する Kindle版を購入する

「夜と霧 新版」の関連記事

「女優の愛読書としては意外すぎる」 門脇麦がバイブルとして紹介した『夜と霧』が話題

『夜と霧 新版』(著:ヴィクトール・E・フランクル、翻訳:池田香代子/みすず書房)

 2018年4月1日放送の「情熱大陸」で、女優・門脇麦が『夜と霧』を“バイブル”として紹介。同書にはユダヤ人精神分析学者から見たナチスの強制収容所の様子が綴られており、番組放送後から「女優の愛読書としては意外すぎる」「かなり興味深い」と注目を集めている。  同番組では、門脇の仕事ぶりや自宅での様子を取材。自宅の本棚には出演作のDVDやお気に入りの映画が並んでおり、門脇はその中から『夜と霧』を取り出した。原著の初版が出版されたのは1947年のことだが、門脇は現代だからこそ読むべき1冊だと絶賛。「今の時代に希望を持たないでどうするっていう気持ちになる」とコメントしている。  同書を執筆したのは、アウシュヴィッツのナチス強制収容所から生還した精神分析学者・ヴィクトール・フランクル。フランクルは収容所での出来事を冷静な視点で記録し、想像を絶する過酷な環境の中、監督官や収容者がどんな心理状態に置かれているのかを分析していく。  フランクルは同書の中で「わたしたちは、おそらく…

2018/4/4

全文を読む

関連記事をもっと見る

夜と霧 新版 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ヴェネツィア

評価に違わない歴史的な名著である。これまでの同種のものとは違って、きわめて冷静沈着に語られていながら、小説以上に感性も激しく揺さぶられる。とりわけ美しいのが、アウシュヴィッツでひそかに妻の24歳の誕生日を想うくだり。結果的に筆者は、この妻と2度と会うことはなかった。また、哲学的な意味においては、「わたしたちにとって生きる意味とは、死もまた含む全体としての生きることの意味であって「生きること」の意味だけに限定されない、苦しむことと死ぬことの意味にも裏づけされた、総体的な生きることの意味だった」の認識は深い。

2013/10/02

ehirano1

ついに大名著且つ世界的ロングセラーを読んでしまいました。著者がナチ収容所のサバイバーということもあって一体どんな体験が書かれているのだろうと年甲斐もなくかなりドキドキしてページを開き、読み進めました。感想は、「この本に出会えたことを深く感謝したい、唯只管感謝したい、そんな気持ちでいっぱいです。」

2016/11/04

風眠

言葉は、年月とともに古びてしまうものなのだと思った。1956年の旧訳よりも馴染みのある言葉づかいで、確かに読みやすくはなっている。コンプライアンスだなんだと、細かい事にも配慮されるようになったからだろうか、資料であるはずの解説が削られ、写真が削られ、本文で使用される言葉も削られている。どんなに残酷であろうと、気分が悪くなろうと、解説は読むべきだし、写真も見るべきだと私は思う。事実を知った上で本文を読めば、ひとりの心理学者が書いたこの体験記録が、どんなに貴重であるかを知るだろう。人間というものを知るだろう。

2018/04/12

yoshida

ナチスのユダヤ人強制収容所。生還した心理学者が自身の体験を綴る。作中に「いい人は帰ってこなかった」との記述がある。帰ってこれた人は生きることに、僅かでも思いが強く、または執着が強いなどの差があったのではないか。勿論、絶望的な収容所での日々で絶望しないほうが驚異的ではある。しかし、日常の僅かな事柄でも気持ちを絶望からそらせば、生きることに繋がったのだろう。極限の状況では特にその個人差は顕在化すると思う。本作を読むことにより、これからの生き方に一つの指針を得た思いがする。必要以上に絶望しない。未来はあるのだ。

2017/11/18

抹茶モナカ

ホロコーストを心理学者はどう生き残ったのか。被収容者の心理を分析する形で、「生きる」意味を問う名著。生きる事に疲れていたので、自分の苦悩を相対化するために読んでみた。ドストエフスキーの言葉である「自分の苦悩に値する人間であるか?」という言葉がグッと来た。どうも、版元が『みすず書房』というだけで、難しそうで手が出なかった本。やっと、読めました。僕は精神障碍者なので、この時代に生きていたら、状況によってはガス室送りだったんだろうなぁ。

2016/10/14

感想・レビューをもっと見る