読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

6代目 日ペンの美子ちゃん

6代目 日ペンの美子ちゃん

6代目 日ペンの美子ちゃん

作家
服部昇大
出版社
一迅社
発売日
2018-12-12
ISBN
9784758020213
amazonで購入する Kindle版を購入する

「6代目 日ペンの美子ちゃん」のおすすめレビュー

Twitterで人気!「日ペンの美子ちゃん」が現在6代目って知ってた? 美文字の美子ちゃんのアグレッシブな活躍

『6代目日ペンの美子ちゃん』(服部昇大/一迅社)

「日ペンの美子ちゃん」をご存じだろうか。かつて雑誌の広告マンガでお馴染みだったという読者もいると思われるが、日本ペン習字研究会の通信講座「日ペンのボールペン習字講座」の広告キャラクターとして1972年に登場し、しばしの中断をはさみつつ複数の作家により受け継がれてきた存在だ。作家により性格や容姿は変化しているが、彼女による文字の美しさはずっと変わらない。そんな美子ちゃんに6代目が登場した現在、ついに単行本が発売されることとなった。

『6代目日ペンの美子ちゃん』(服部昇大/一迅社)はTwitter公式アカウント(@nippen_mikochan)で発表されたマンガを書籍にまとめたもの。以前の広告マンガ同様に9コマ1ページを基本構成とし、フルカラーで描かれていることも特徴だ。

 美子ちゃんを語る上で注目したいのは、歴代の作家や時代によるキャラクターの変化であろう。では現在、Twitterを主な活動の場とした6代目はどうだろうか。Twitterユーザーなら目にしたことがあるかもしれないが、個性的な企業公式アカ…

2019/1/24

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

6代目 日ペンの美子ちゃん / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

猫丸

「日ペンは40年の歴史があって…」の文言を目にしていた気がするが、とうとう80年になっている。こうなると「超一流の先生方」に揶揄の気配も感じなくなる。もはや白髪白髯のペン字の達人が監修されているとしか思えない。美子ちゃんも約半世紀にわたって宣伝を続けてきたことから、ある種の貫禄さえ纏うに至り、変転する世相にテキトーにコミットしつつ隙あらば日ペン布教をブッ込む手管は既に伝統芸能の域。今後の漫画史編纂において避けて通れぬ金字塔であろう。

2021/06/01

タカラ~ム

私が子どもの頃からマンガ雑誌の裏表紙とかに必ずと言っていいほど掲載されていた「日ペンの美子ちゃん」。まさか単行本化されているとは驚いた。しかも6代目だ。本書の冒頭に美子ちゃんの履歴書があるのが、初代は昭和47年にデビューしていて、これまでに6人のマンガ家によって描き継がれているということになる。時事ネタ世相ネタを盛り込むつつ必ず日ペンのボールペン習字通信講座につなげるストーリー。ペン習字の講座は数多存在するが、パッと思いつくのが日ペンということを考えると美子ちゃん効果ってすごいのかもしれない。

2021/05/17

コリエル

とうとう単行本化を果たした6代目日ペンの美子ちゃん。最初からTwitterで見ていたので知ってるものばかりかと思ったけど、コラボ漫画やYJ出張掲載版に描き下ろしもあって、思ったより読んだことのないものも多くお得だった。「日ペンには80年の歴史があって先生方も超一流」の台詞は必ず入っているかと思ってたけど、意外と言ってない回もあるな。

2018/12/12

kawasaki

邦画プレゼン漫画がすこぶる面白かったので、かねがね知ってはいたこちらも。広告漫画のお決まりの文句も、こうしてまとめて読むと美しい天丼で、そこにパターン破りあり、キャラについてのお約束的ネタあり(全共闘世代の17歳!)。同時代の瞬間風速を捉えるような「時事ネタ」も、「広告漫画」のラインを見つつ結構攻めていく。「あのキャラ」「いつもの広告漫画」の安定感とともに、twitter連載ならでは?の疾走感のある、不思議な魅力。それにしてもどれだけバーフバリ推しか!

2018/12/19

8月24日生まれ

ネットでパロディマンガを描いていたら、いつの間にか6代目日ペンの美子ちゃんの作者として正式に採用されて、単行本まで出てしまったという夢のような実話。あくまで日ペンの宣伝マンガなんですが、ゆるいキャンプがどうこうとか覇王翔⚪拳が出せる小さいゲーム機がどうのといった時事ネタが多く、少女マンガチックな絵柄にちょいちょいブラックなノリが入る服部昇大の作風も健在で楽しめました。

2018/12/29

感想・レビューをもっと見る