読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

つながりません スクリプター事件File

つながりません スクリプター事件File

つながりません スクリプター事件File

作家
長岡弘樹
出版社
角川春樹事務所
発売日
2020-06-15
ISBN
9784758413510
amazonで購入する

つながりません スクリプター事件File / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

starbro

長岡 弘樹は、新作中心に読んでいる作家です。本書でスクリプターという職業を初めて知りました。半分イヤミスっぽい、不思議な感覚の連作短編集でした。スクリプターの女性と結婚したら、結婚生活は、絶対「つながりません」(笑)

2020/08/10

しんたろー

映画のスクリプター(記録係)・真野韻(ひびき)が関わる7つの連作短編ミステリ…監督や役者の目線で展開する物語に韻が謎解き役として関わる。無駄のないキレある文章が綴られ、伏線の回収も小気味好く「短編の名手」らしい作品で、最終章では韻の目的も判って「なるほどねぇ」とニヤッとできた。惜しいのは業界用語の使い方で、30年以上この世界にいる身としては「それは今は死語、それは聞いた事がない」という言葉が度々あって、折角の面白さを削がれた感じ…「もし続編を書くなら私を監修に読んで欲しい」と大きなお世話心が疼いた(笑)。

2020/07/21

修一郎

新キャラ真野韻さんの登場。映画創りの粗探しは本の校正担当に近いですかね。往年の名画の「繋がらない」シーンなどの蘊蓄が楽しいのはいつも通り。映画のデキのためには少々の悪事は目をつぶっちゃうていうブラックキャラなので,ビターエピソードはこれからもありそうだ。スクリプターあるあるの方は面白いんだけども,無理やりの殺人事案や死亡事故ばかりじゃあ雑じゃないかね。もっと自然な流れにできそうなのに。例によって無理やりトリックは読み返して,まぁいいやと納得させて終了。筆頭のんなことあるかいは「揺れる球場」

2020/08/15

mint☆

「撮影工程の全てを把握し、管理・記録するのがスクリプター。」聞いたことはあったけど何する人?と思っていた。謎が解けてスッキリ。ミステリーの連作短編集かと思いながら読んでいたけれど一話一話がそっけなく事件はおこるけど淡々と進んでいく。ラストで、そっか伏線だったんだ。と気づく。スプリクターの韻さん仕事はできるけど近くにいたら怖いな。

2020/08/26

パトラッシュ

複数の証拠をつないで被疑者の犯行を立証し有罪判決につなげる点で、捜査官もスクリプターといえる。一流の記憶力と観察力がなければできないという意味でスクリプターを探偵役に選んだアイデアは良いが、事件が小粒すぎてミステリとしての魅力に乏しい。せっかく映画界を舞台にしながら、いくらでも面白くできる話を短く切り上げている印象が拭えない。真野韻というキャラも「教場」の風間教官に比べ今ひとつ個性に欠ける。大作映画の撮影中に連続殺人事件が発生するが、制作を中断できない状況下で真相解明に挑むという長編に仕立てたらと思うが。

2020/09/07

感想・レビューをもっと見る