読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

純喫茶パオーン (ハルキ文庫 や 17-2)

純喫茶パオーン (ハルキ文庫 や 17-2)

純喫茶パオーン (ハルキ文庫 や 17-2)

作家
椰月美智子
出版社
角川春樹事務所
発売日
2022-07-15
ISBN
9784758445047
amazonで購入する

純喫茶パオーン (ハルキ文庫 や 17-2) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しんごろ

およそ創業五十年の純喫茶パオーン。およそという適当さがいいね。老夫婦が切り盛りして、孫の来人がちょくちょく手伝う。友人の琉生、圭一郎も入りびたる。この三人の友情が微笑ましくもあり羨ましい。小学、中学、大学と成長するに至って、いろいろな出来事が、更に面白い。常連客のゆりちゃんも秘密の持ち主でいいキャラだ。来人の父さんも笑える。とにかく微笑ましく、ほのぼのする。来人を通しての青春物語、純喫茶パオーンでのドタバタ物語と、どう取るかはあなた次第。とりあえず、カニさんウインナ入りのナポリタンが食べたいな。

2022/08/31

エドワード

なかよし三人組、来人、圭一郎、琉生の小学生から大学生までの日々。彼らのたまり場は純喫茶パオーン。来人の祖父母の経営する開店40数年の正しい喫茶店。ミッスクサンドにナポリタン。嘘つき鏡、幽霊騒動、強盗騒動、風変わりな事件、家族や級友たちに囲まれて成長していく思春期の甘酸っぱさ。古いような新しいような、椰月さんの明るい青春ものは楽しい。個人的には怪しい方言を操るおじいさんが好きだな。来人は初恋の人・権守さんとの明るい未来をめざそう!表紙の絵がバージニア・リー・バートンそっくりで思わず手に取ってしまったよ。

2022/09/03

mayu

ずっと気になっていたので、待望の文庫化。 初読み作家さん。創業五十年の喫茶店「純喫茶 パオーン」はでたらめな方言で喋るおじいちゃんと美味しい食事を作るおばあちゃん、二人で切り盛りしている。喫茶店を舞台に孫の来人の成長と日常に起こるちょっとした事件の物語。 来人、琉生、圭一郎の仲良し三人組が小学生から大学生へと時間が流れていく。出てくる人たちは皆、優しくて少し個性的。そして家族が良いバランスで、料理がどれも美味しそうで喫茶店に行きたくなる。

2022/07/25

ピロ麻呂

小学生高学年の課題図書?的なほのぼのしてるストーリーでした😆

2022/08/17

一華

祖父母が営む創業約50年の「純喫茶パオーン」を舞台に、孫の来人が小学5年・中学1年・大学1年でそれぞれに出会うちょっとした日常の事件や幼なじみとの日々…古き良き喫茶店メニューや、登場人物たちが魅力的。ゆりちゃんとジュンくんの恋物語を番外編で読みたい!

2022/08/31

感想・レビューをもっと見る