読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

虐殺!!! ハートフルカンパニー

虐殺!!! ハートフルカンパニー

虐殺!!! ハートフルカンパニー

作家
漫☆画太郎
ピエール瀧
出版社
太田出版
発売日
2011-12-10
ISBN
9784778321567
amazonで購入する

虐殺!!! ハートフルカンパニー / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

鱒子

瀧+画太郎というだけで悪ふざけの予感にワクワク。実際その通りの酷い漫画ですが、もちろんそこが良いんです。表紙のゼリービーンズみたいなのは生首。よいこは読んじゃダメです。

2022/01/17

グレ

「原作ピエール瀧」と見開き一面にデカデカと墨書してある怪作。作中に「エボラ菌」とありエボラはウイルスじゃなかろうかと思ったが、画太郎先生の御作にそんな細かい難癖つけちゃダメか(笑)いつもどおり最初から無茶苦茶だが、終盤は特に老人は«ハカイジュウ»ばりに巨大化・増殖し、森のくまさんは殺戮強姦魔と化すカオスっぷり。くだらないが笑ってしまったwww

2019/08/10

本 読むぞう

一度だけ漫☆画太郎先生にお会いしたことがあるのですが、さわやかで整った顔立ちの、おとなしそうな好青年でした、

2013/11/22

印度 洋一郎

連載誌が廃刊になった幻の作品が大幅な加筆・修正を経て復活!書店で見た時には非常に驚いた。軍需産業で暴利を貪る悪徳社長が、末期がんにかかって唐突に改心、何かいい事をしようと部下達に命じると却って悲惨な事態に・・・という落語の「二十四考」みたいな話。中身は毎度の事で虐待!虐殺!爆破!破壊!案の定じゃね~かと思っても、これが画太郎だ。ファン以外には勧めないが、どうせ読まないだろうから、問題無し!

2012/01/11

さとさとし

末期ガンを宣告された悪徳社長。こころを入れ替えてこれからは「いいこと」をすると言い出す。いままで悪いことしかやって来なかった彼にはその方法が思いつかない。そこで重役を集め会議を行うが‥。ってな話。 内容はかなり薄く、ピエール瀧が適当に考えた非人道的なお話に、漫✩画太郎がいつもどおりの酷い絵を描き、コピペで水増しした感じ。 でも、二人のらしさは出てたので、ファンとしてはよし。

2020/07/31

感想・レビューをもっと見る