読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人はなぜ殺すか―狩猟仮説と動物観の文明史

人はなぜ殺すか―狩猟仮説と動物観の文明史

人はなぜ殺すか―狩猟仮説と動物観の文明史

作家
マット カートミル
内田亮子
出版社
新曜社
発売日
1995-12-01
ISBN
9784788505377
amazonで購入する

人はなぜ殺すか―狩猟仮説と動物観の文明史 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

町伯楽

タイトルの答えに当たる結論は最初の方にあり、論理的説明はやや少なかった印象。内容は原始以降の狩猟と動物間の文明史が主で、哲学や生物学・倫理学的な見地から時代を追って文章が構成されている。

2015/01/06

感想・レビューをもっと見る