読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

哲学と子ども―子どもとの対話から

哲学と子ども―子どもとの対話から

哲学と子ども―子どもとの対話から

作家
G.B. マシューズ
Gareth B. Matthews
倉光 修
梨木香歩
出版社
新曜社
発売日
1997-11-01
ISBN
9784788506213
amazonで購入する

哲学と子ども―子どもとの対話から / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しらい

ううーむ。今のぼくにはむずかしかった。

2016/03/19

あい

梨木香歩 p.194「内なる子ども」は「王様は裸だ」と叫び続け、あらゆる疑問を提出し続けているのに、その声に耳も傾けず、その存在を無視し続けると、私たちは自身の存在の核を見失ない、糸の切れた凧のような表面的「大人」人生を送ることになるのかもしれません。(その予防策には是非児童文学を!)

2015/01/20

kuro

子どもが哲学をするという活動について、それは未熟なものなのか成熟したものなのかという議論が面白かった。

2020/09/07

感想・レビューをもっと見る