読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

セルフケアの道具箱: ストレスと上手につきあう100のワーク

セルフケアの道具箱: ストレスと上手につきあう100のワーク

セルフケアの道具箱: ストレスと上手につきあう100のワーク

作家
細川貂々
伊藤 絵美
出版社
晶文社
発売日
2020-07-03
ISBN
9784794971814
amazonで購入する Kindle版を購入する

「セルフケアの道具箱: ストレスと上手につきあう100のワーク」のおすすめレビュー

「ストレスでしんどい」「不安で眠れない」を自分で解決する100のストレス対処ワーク。即効性があるのは?

『セルフケアの道具箱 ストレスと上手につきあう100のワーク』(伊藤絵美:著、細川貂々:イラスト/晶文社) 「ストレスがたまって、しんどい」 「今心身がとても弱っている」 「先行きがなんとなく不安で眠れない」 そんなネガティブな気持ちから回復するために自分でできることは、どんなものだろうか?   『セルフケアの道具箱 ストレスと上手につきあう100のワーク』(伊藤絵美:著、細川貂々:イラスト/晶文社)が説くそのカギが「セルフケア」だ。著者の伊藤さんはカウンセリング歴30年で臨床心理士、公認心理師の資格を持つ心理カウンセラーである。本書では、ストレスマネジメント、認知行動療法、コーピング、マインドフルネス、スキーマ療法などの理論をもとにして、セルフケアに関する「100のワーク」を紹介している。    細川貂々さんによるかわいらしいイラストにも触れながら、自分の今の状態に合うワークを選び、その日から気軽に取り組むことができる。早速その一部を紹介しよう。

「呪いのことば」を紙に書き、くしゃくしゃにして捨てる

「呪いのことば」とは、「自分はダメだ」「自分さえ…

2020/8/20

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

セルフケアの道具箱: ストレスと上手につきあう100のワーク / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

gen

本書のベースは、「ストレスマネジメント」「認知行動療法」「コーピング」「マインドフルネス」「スキーマ療法」といった理論や手法。それらを、一般の方がわかりやすいように、可能な限り専門用語を使わずに紹介した書。そこに<どうしても必要な用語については、解説をつけた上で必要最小限、用いています/人は弱っていたりするとき、文字を読むのはしんどいもの/出来るだけ平易な言葉を使い、シンプルな文章になるよう努めました>と付記するところが、著者の誠実さか。表紙も含め、イラスト・細川貂々さんの優しいトーンの絵柄が、好印象。⇒

2021/03/31

ひろか

細川貂々さんのイラストで、可愛らしく、内容も認知行動療法、スキーマ療法のセルフケアバージョン。 あとがきも参考に。 著者の伊藤絵美氏をさらに応援したくなりました。

2020/07/11

ゆき

自分の感情を客観的にみれるようになり、自分で自分を励まし助ける練習。いい方法だと思うわけですが、もう一歩グッとくる感じがなかったのです。

2020/11/09

さくさくアイス

すぐ実践できる具体的なワークがたくさんあってよかった。 今自分が既にやってるようなこともあって、それもなんでそれをするといいのか再確認出来た。 あと、あちこちにあるイラストが優しくかわいくてほんわかする。すき。 これからできることからやっていきたい。 不安とか、悩みとか、自動思考とか、ストレスとか、その対処法とか。全部書き出して外在化させることが大事。 気づくだけで楽になることも多い。

2020/08/08

pota

プラスサイズモデルの吉野なおさんが推してらっしゃったので図書館で予約してみた。▽精神面が弱々なので、これ系の本は若い時からたくさん手にとってきた。そういった目で見ると、本書は至高の1冊だと思った。▽今自分は、15頁のものさしが3と100。なので読んでいると逆に苦しさの種が呼び覚まされてしまってそこはしんどかった。ただ、数ヶ月に1回やって来る暗闇も、この本があれば怖くないかも。▽著者の方が「最近重版かかったけど、それはそれだけ必要としてる人が多いと言う事」という意味合いのTweetをされていた。そう思う。

2021/02/28

感想・レビューをもっと見る