読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

さんかく窓の外側は夜 (9) (クロフネコミックス)

さんかく窓の外側は夜 (9) (クロフネコミックス)

さんかく窓の外側は夜 (9) (クロフネコミックス)

作家
ヤマシタトモコ
出版社
リブレ
発売日
2020-09-10
ISBN
9784799749210
amazonで購入する Kindle版を購入する

さんかく窓の外側は夜 (9) (クロフネコミックス) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

眠る山猫屋

展開が気になり過ぎて、追いついてしまいました。冷川さんと先生の対面からの急展開。三角くんが民間人を優先した事から、二人の絆に皹が・・・。でもこれって、冷川さんにも人間らしい感情が残っているって事ですよね?いよいよ始まる先生との対決&冷川救出作戦。各々が役割を全うしていく様が頼もしい。迎さんが彼らしく冷川さんの過去に向かい合うシーンが良かったけれど、一番厳しそう。迎さんの説得が少しでも通じて欲しいな。そして次巻予告での三角くんの台詞が響く!早く読みたいなぁ。

2020/11/20

さとまみ(コミックス&BL小説専用)

一気に進んだ!次巻で決着着くのか?

2020/09/21

しましまこ

先生が自身にかけた呪いはこれを見越していたのか、悲しい。それにしても甦った逆木は無敵だ、カッケー。

2021/03/14

さとまみ(コミックス&BL小説専用)

10巻読む前に復習

2021/03/11

澤水月

遂に遂に因縁の2人があいまみえた! 第1巻から7年半で9巻。5巻まで黒表紙でキャラ一人一人たて、視え虐げられてきた者らの絶望的なトーンも強い内容だった。6巻から白表紙で色々な「克服」描かれ、1組ひと組、個性的な仲間が結託し今巻ラスボスへ向けてアッセンブル! 黒5からの白4…次巻完結かな? 逆木がブン殴りたかった「悪党」をアレするのは爽快。2013年連載開始作品でただひとり染まらず「信じる力」強い刑事の名が半澤ヒロキ!…次巻何倍返しだろう、いい方向になると当方も信じたい! コロナなきゃ映画公開だったのか…

2020/09/17

感想・レビューをもっと見る