読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

そうだったのか! 朝鮮半島

そうだったのか! 朝鮮半島

そうだったのか! 朝鮮半島

作家
池上彰
出版社
ホーム社
発売日
2014-11-26
ISBN
9784834251968
amazonで購入する

そうだったのか! 朝鮮半島 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

みゃーこ

大統領任期終盤の反日と汚職事件、韓国大統領の宿痾。韓国史の建国神話、中国、日本、アメリカの属国として常にあり続け、南北分断の合わせ鏡など複雑な民族の価値観がいかにして形成されていったか、同じ隣人国であり人種ではあってもやはり外国であるという認識を持たなければ価値観のずれから衝突が起こることを改めて再確認した。互いの価値観を尊重しながら共存し続けるにはどうすればいいのか、まずは違う価値観であることを認めて知ることから始めなければならない。さすが池上彰。複雑な歴史を退屈させることなく見事に分かり易くまとまって

2015/10/07

hideo

今一つわからなかった韓国・北朝鮮のことが、少しは理解できた。殴った方はすぐに忘れるが、殴られた方はずっと覚えていることを忘れてはならないと思う。互いの民族に敬意を払った上で、外交上言うべきことは言う。ということだろうが、それを理解してもらうことは、国益もあり難しそうだ。

2015/06/16

fu

日本の占領から解放された戦後、アメリカとソ連に翻弄され分割された朝鮮半島。国内統制が取れていないが為に、「反日」カードで切り抜けようとする韓国の宿疴。朝鮮戦争の特需で好景気に恵まれた日本。地理的に近い国でありながら、常識や価値観の違いが大きく心情的に遠い国。日韓関係に未来はあるのか?反日教育の浸透により日韓関係の回復にはほど遠そうに感じる。

2015/09/26

オリーブ

ニュースで取り上げられる朝鮮半島情勢をみていると、何故こうなった?ということが多かったが、まさに「そうだったのか!」という思い。15章まで交代で語られており日米中ソとの関わりを交えながら北朝鮮と韓国の近代史の流れが分かりやすかった。その時代の政府や国の思想に流されることなく自分の頭で考えることの難しさを感じた。この本を読んで他国を非難するだけに留まってはならず日本も含めどの国もまずは自国の歴史を振り返って見て、そこには見たくない事実もあるだろうけど、直視し反省をし明るい未来に繋げたいと思った。

2017/10/22

rokoroko

若い頃一回り位上の人に「朝鮮戦争で日本に逃げてきた」と言われびっくりしたことがある。今60近い私の学生のころも戦争は遠い国や時代の話だったのだ。その私の息子の年代独裁者が挑発を繰り返し、核のボタンすら持っている。彼にとっても戦争は想像もつかない昔の話なんだろう。30代前半の男の暴走を老練な諸国が止められない。解りやすく解説してあって興味深い

2017/09/30

感想・レビューをもっと見る